ペイジ

プロフィール

本名 サラヤ・ジェイド・ベヴィス|Saraya-Jade Bevis
リングネーム ペイジ|Paige
愛称 N/A
生年月日 1992年8月17日
出身地 イギリス イングランド ノーフォーク州ノリッチ
身長 173cm
体重 54kg
シグニチャー・ムーヴ ペイジ・ターナー、ラン・ペイジ、PTO(ペイジ・タップアウト)
主要獲得タイトル WWEディーヴァズ王座、NXTウィメンズ王座、など

バイオグラフィー

多くのファンに愛される若きウィメン。”お騒がせ”な一面を持っているが、それも人気である理由の一つか。生まれも育ちもイギリスはノーフォーク州ノリッチで、両親ともにプロレスラーという業界のサラブレット。初代NXTウィメンズ王者である。

ペイジが業界入りしたのは2005年、当時まだ13歳の頃。父親の頼みで欠場したレスラーの代役として出場し、デビューを飾る。翌年の2006年には母親のスイート・サラヤとタッグチームを組み、WAWでトリプルスレット・タッグチームマッチに出場。当時のリングネームはブリタニー・ナイトであった。

転機が訪れたのは2011年4月。それまで英インディー団体で活動していた彼女は、WWEのトライアウトに3度目で受かり、同年9月にWWEと契約を交わし傘下団体FCWへ。2012年にはFCWブランド再編によりNXT所属となる。

2013年6月、初代NXTウィメンズ王座を決するトーナメント『NXTウィメンズ王座トーナメント』で、エマを破り見事優勝。初代NXTウィメンズ王者に輝いた。2014年4月、『レッスルマニア 30』翌日に開催された『RAW』に登場し、同番組初登場となった。さらに当時のWWEディーヴァ王者AJリーを下し、見事自身初のWWEディーヴァズ王座を奪取。これにより二冠王者となるも、翌日には渋々NXTウィメンズ王座を返上した。だが、メインロスター昇格という大きな一歩を踏み出した瞬間でもあった。

その後もメインロスターとして活躍を続けるも、2016年から彼女にとって厳しい時期となる。二度のウェルネスポリシー違反や首の怪我により、長期欠場を余儀なくされる。更に2017年7月、フロリダ州にあるオーランド国際空港で、婚約者のアルベルト・エル・パトロン(デル・リオ)との喧嘩が警察沙汰に発展。”逮捕か、解雇か”など様々な憶測が飛び交った。

2017年11月、ヒューストンにて開催された『RAW』でペイジが突如として登場。マイクを握り「戻ってきたわよ(”I’m back.”)」と発言し、当時NXT勢だったソンヤ・デヴィルとマンディー・ローズを率いての電撃復帰となった。

しかし、2017年12月28日に開催された『WWE LIVE』での試合中、背後からドロップキックを受けたことにより、またしても首を負傷。以降、彼女は身体的接触を避けた役回りをこなし試合から遠のいていった。

2018年4月9日、ルイジアナ州ニューオーリンズにて開催された『RAW』でプロレスラーとしての引退を正式に発表。4年前にメインロスター・デビューと同時にWWEディーヴァズ王座を奪取した地ニューオーリンズで、リングに別れを告げた。”This will always be my house.”(ここはいつまで経っても私の居場所)、最後に彼女はこう語った。

インスタグラム

関連記事

ペイジが語る、WWEライター陣とビンス・マクマホン会長らの違い。「時には壁と話してるみたい」

WWEに所属するペイジはこのほど、英紙『The Sun』の取材に応じ、映画『ファイティング・ウィズ・マイ・ファミリー』...

ペイジ、アスカ&カイリ・セインを「カブキ・ウォリアーズ」と命名

WWEに所属するアスカとカイリ・セインのタッグチーム名が「カブキ・ウォリアーズ」に決定した。 同タッグチームの代...

ペイジ、アスカ&カイリ・セインの代理人を務めるに至った経緯を明かす

WWEに所属するペイジはこのほど、米ポップカルチャーメディア『ComicBook』の取材に応じ、スマックダウン・ブラン...

「ディーヴァ時代をWWEの歴史から消し去るべき」の声にペイジらが反応

ディーヴァ(DIVA)は、WWEに登場する女性プロレスラーの意として、1990年代から2016年まで使われていた総称。...

ペイジ、今後の新たな役割を語る「誰かのマネージャーになりたい」

WWEに所属するペイジは先日、英メディア『Sky Sports』の取材に応じた際に今後の活動内容について答えた。 ...

WHAT'S NEW

WHAT'S NEW

EDITOR'S PICKS

EDITOR'S PICKS

HISTORY

HISTORY