NXT

番組名 WWE NXT|エヌ・エックス・ティー
放送日 毎週水曜日(日本時間: 木曜日)
放送局 WWEネットワーク
放送時間 1時間
放送開始 2010年2月23日(Syfi時代含む)

『NXT』とは、WWE第3のブランドとしてWWEネットワークで放送されている番組である。 スーパースターズの多くは、この番組を経てWWEメインロスター(一軍とも言われるが、『NXT』の位置付けは第3のブランド)昇格を目指している。更に、インディー団体で名を轟かせたスーパースターズの多くも、この『NXT』を経由して『RAW』もしくは『スマックダウン』へ向かう。過去、『NXT』ではサモア・ジョー、セス・ローリンズ、ケビン・オーエンス、フィン・ベイラーなどの姿も見られた。2017年、WWE昇格となった日本を代表するシンスケ・ナカムラ、アスカも元々はこのNXT所属。イメージカラーは黄色。

新生NXT始動

2012年5月17日、フルセイル大学で4本取りの番組収録を行い新生NXTが本格的に始動した。当時、収録された番組は現在のようにWWEネットワークが誕生していなかった為、公式サイトやYouTubeで配信されていた。ところで何が新生NXTなのかと言うと、元々NXTとは前身であるWWE下部団体FCWが2012年ブランド再編のため、NXTと改称したものである。ブランド再編までにもNXTはあったのだが今のような形式ではなく スター発掘のようなリアリティー番組であった。 それがFCWブランド再編をきっかけに現在のような形式になったのだ。

2014年2月27日、NXTは初の2時間ライブイベント「NXTアライバル」をWWEネットワークで放送。今後続いていくNXTテイクオーバー・シリーズの先駆けとなった。

フォー・ホースウィメン誕生

現在ではWWEメインロスターであるサーシャ・バンクス、シャーロット・フレアー、ベイリー、ベッキー・リンチ。彼女たちのことをフォー・ホースウィメンと呼ぶ。 当時、4名とも当時はNXTに所属しておりウィメンズ・ディビジョンに革命を起こす中心人物として4名が選ばれたことからこのように呼ばれるようになった。リックフレアー、アーン・アンダーソン、オレイ・アンダーソン、タリー・ブランチャードからなるユニット、フォー・ホースメンのオマージュである

2016年8月23日、NXT PPV「テイクオーバー:ブルックリン」を最後にサーシャ・バンクス、シャーロット・フレアー、ベッキー・リンチの3名がWWEメインロスター昇格の為、NXT最後のリングに4名が集結。これは1996年5月19日、マジソン・スクエア・ガーデンで開催されたハウスショーにてスコット・ホール、ケビン・ナッシュ、トリプルH、ショーン・マイケルズのクリック・メンバーが披露したカーテン・コールを彷彿とさせるパフォーマンスとなった。

NXT日本初上陸

2016年12月3日、大阪エディオンアリーナでNXT日本初上陸となる「NXT LI VE JAPAN」が開催された。さらに同ハウスショーはシンスケ・ナカムラ、アスカ、タジリ、アキラ・トザワといった複数の日本人スーパースターズ凱旋ハウスショーとなったのだ。シンスケ・ナカムラはサモア・ジョーからNXT王座を奪還し、アスカはNXTウィメンズ王座を防衛という凱旋にふさわしい結果となった。

WHAT'S NEW

WHAT'S NEW

EDITOR'S PICKS

EDITOR'S PICKS

HISTORY

HISTORY