【ニュース】2018年に何かが起こるか、ロンダ・ラウジーの計画、シャーロットの王座奪取、など。

587

本記事【ニュース】に掲載している内容の一部につきましてはWWE、及びその他の団体、関係者等における公式発表ではありません。一部、業界内の噂話として参考程度にご覧ください。

2018年に何かが起こるか

現在WWEに所属していないハルク・ホーガン、オースチン・エリース、エリック・ビショフの3名が謎めいたツイートを投稿。確証は得られないが、これらは関係していると噂されている。ホーガンは「ツマラナイなどとは2度と言わない。この業界は手に負えなくなる。かつてないほど良くなり、もう一度素晴らしい経験をすることになる。神に感謝。ありがたく思う」と投稿。オースチン・エリースに関しては現在削除されているが、「恐らく人生で最大の決断を下した。2018年は”ゴールド”ではなく”プラチナム”なものになる」と投稿。更にエリック・ビショフは「流れは変わった。乞うご期待」と投稿した。来年、2018年に何かが起こるのか。

ロンダ・ラウジーの計画は

WWE参戦が期待されるロンダ・ラウジー。『レスリング・オブザーバー・ニュースレター』によると、彼女はWWEパフォーマンス・センターでトレーニング中。以前より噂される”フォー・ホースウィメン”対”フォー・ホースウィメン”は、現在も計画に組み込まれているとみられる。舞台は『レッスルマニア 34』。その試合が終われば、次に期待されるのはシングルマッチ。これに関しては以前、ステファニー・マクマホンとの試合が噂にあがった。

シャーロット・フレアーの王座奪取

来週の『スマックダウン・ライブ』で予定しているナタリア対シャーロット・フレアーによるスマックダウン・ウィメンズ王座戦。この試合でシャーロットは王座奪取しないのでは、と噂されている。理由は今月25日に開催されるWWE LIVE『スターケード』。ここで両者の金網戦が発表されており、父親リック・フレアーも姿を見せる。シャーロット・フレアーの王座奪取、舞台は『スターケード』か。

メイン・ロスター昇格リストに名を連ねるのは

先日話題にあがったヒデオ・イタミのメイン・ロスター昇格。昇格後、彼の主戦場は『205 LIVE』になると思われる。しかし、昇格が決定されるかどうか、最終的にはビンス・マクマホンのさじ加減。彼の他、昇格が期待されているのはアンドラーデ・アルマスとオーサーズ・オブ・ペイン。しかし、その兆候は見られない。ヒデオ・イタミに関しては、現在の契約が切れた後、日本へ帰国するとも噂されている。

[Source: Rajah.comCageside Seats]