ジンダー・マハル、WWE王座陥落後の心境を語ると同時に”噂話”を完全否定。

1332

現地時間11月7日、イギリス・マンチェスターにて開催された『スマックダウン・ライブ』で、AJスタイルズに破れ、WWE王座陥落となったジンダー・マハル。試合後、自身のインスタグラムで心境を語った。

「AJスタイルズへ。お前が優れていたのは一夜だけ。俺は6ヶ月間WWE王座を保持し、幾度となく防衛してきた。世界中でな。いつか、再び王座を取り戻す」

ジンダー・マハルは再び王者に返り咲くことを誓うと、続けて彼を嫌う者及び内部情報を知る者”インサイダー”(皮肉交じり)に対しコメント。様々な噂話を完全否定した。

「俺を嫌う者及びレスリング業界の”インサイダー”へ。これ(WWE王者ジンダー・マハル)は実験だったわけではない。怪我をしたわけでもなければ、ウェルネス・ポリシー違反を犯したわけでもない。侮辱し続ければいい。俺をやる気にさせるだけだ」