ドウェイン”ザ・ロック”ジョンソン、対戦を希望するWWEスーパースター3名を挙げる。

757

“皆の王者”ザ・ロックが対戦を希望する相手は誰なのか。先週末に開催されたコミコン・イベント内で行われたQ&Aセッションで、彼は心の内を語った。

「今日誰とでも試合ができるとしたら、誰としたいか」彼がこう切り出すと、会場は沸いた。「現在のWWEロスターの中でな」このように述べたのち、会場からはAJスタイルズの名が挙がる。しかし、彼は「彼は大好きだけどね。本当に良い奴だよ」と、自ら希望する相手ではない様子。

対戦を希望する相手を一人に絞ることができない彼は、3人の名前を挙げた。まずはトリプルH。長年ライバル関係にある彼との対戦を希望し、会場からは大きな歓声が上がる。過去に行われたインタビューの中で、トリプルHもザ・ロックとの対戦を希望している。その時、トリプルHは「相応しい場所で、相応しい時に」と発言。スケジュール次第で実現しうると答えている。

次に挙げた名前は、”ザ・ビースト”ブロック・レスナー。彼がまだ”Next Big Thing”(次代の大物)と呼ばれていたデビュー初期の、2002年に開催されたPPV『サマー・スラム』で、両者はWWE統一王座を賭け対戦している。

最後の1人に挙げた名前は、ローマン・レインズ。「ケツを蹴り上げてやらないとな」と笑顔で答えた。彼とは同じ家系、アノアイ・ファミリーでありイトコにあたる。レインズは過去のインタビューで、ザ・ロックとの対戦について言及している。

「要するに、それは金儲けの試合ってことも分かってるよ」レインズはこう語っている。「俺はまだリング上にいる人間。だから、毎晩リングで戦っていない人間がリングに戻って来たいなら、今は俺のヤード(庭)って呼んでるけど、彼が俺の所に来なくちゃいけない。その後、話し合えばいい。WWEのリング以外で実現することはない。間違いないね。彼が望むなら、後ずさりはしないよ」

今回挙げられた3名だが、どれも見たい対戦カードである。トリプルH、ブロック・レスナーに関しては、既に対戦経験はあるものの、今この時代に実現してほしいと願うユニバースも多いだろう。

[Source: Wrestling Inc]