GFW売却の噂とジェフ・ジャレット休職の関係性は。

606

現在GFWに関する噂が飛び交っている。昨日、GFWはCCOであるジェフ・ジャレットの休職を発表。そして本日、スポーツ週刊誌『スポーツ・イラストレイテッド』は親会社であるアンセム・スポーツがGFW売却に乗り出していると報じた。

GFWの名は現在ジェフ・ジャレットが所有していると見られており、厳密に言えばインパクト・レスリング。理由は財政面の問題、売却先候補にはWWE、ROHなどが挙げられた。本日、ジェフ・ジャレットの休職を含めた一連の噂に対して米レスリング・メディアはGFW側に電話会議で質問を投げかけたが、コメントを拒否。来週水曜日に行われる電話会議で明らかにされると見られている。

しかし一方でGFWは本日、『グローバル・レスリング・ネットワーク』計画を発表。このストリーミングサービスのライブラリーにはAJスタイルズ、サモア・ジョーやボビー・ルードなど数多くのWWEスターの映像が含まれる予定。

そしてこれらに関係してくるのがジェフ・ジャレットの存在。現在、彼は休職中によりGFWを離れている状態。そんな彼はツイッター、インスタグラムのプロフィール欄を変更。その中に記載されているのが「複数のプロジェクトを進行中」の文字。様々な物語が交錯する中、続報が待たれる。

[Source: Rajah.com]