【ニュース】シェイン・マクマホン×ケビン・オーエンス、ジェフ・ジャレット休職の影響は、など。

433

本記事【ニュース】に掲載している内容の一部につきましてはWWE、及びその他の団体、関係者等における公式発表ではありません。
一部、業界内の噂話として参考程度にご覧ください。

ニュース

ジェフ・ジャレット休職の影響は
本日、GFWはCCOであるジェフ・ジャレットの無期限休職を発表。公式発表での理由は一身上の都合とされている。PW Insiderは、親会社アンセムの副社長であるエド・ノードホルム氏が決定を下したと報じている。理由に挙げているのは両者間の問題及びジェフ・ジャレットの一貫性のない行動。更にGFWとアンセムは合併したと思われていたが実際は、未だに合併合意に達していないと伝えている。もしも何かしらの理由でジェフ・ジャレットが戻らなければ、インパクト・レスリングからGFWの文字が消えることになる可能性もある。その際はカレン・ジャレットも会社から去るか。今回の件でアルベルト・エル・パトロンも影響を受けると見られている。彼はペイジとのオーランド国際空港での事件受けて現在も出場停止処分が解けていない状態。その事態を丸く収めようとしていたのはジェフ・ジャレットだが現在休職中。近々、インパクトレスリングのTV収録で復帰すると見られていたが恐らく見送られるとの見方も。11月に開催されるPPV「バウンド・フォー・グローリー」ではジェフ・ジャレット対アルベルト・エル・パトロンが計画されていたが、こちらも無しか。

シェイン・マクマホン×ケビン・オーエンス in ヘル・イン・ア・セル
現在、激しい抗争を展開しているシェイン・マクマホンとケビン・オーエンス。両者による直接対決の舞台はスマックダウン主宰PPV「ヘル・イン・ア・セル」と見られている。ヘル・イン・ア・セルマッチでPPV目玉カードの一つになるか。

クリスマスのRAW開催に不満
WWEは現地時間12月25日のクリスマスと1月1日の元旦にRAWを生中継で放送すると発表。これはWWE側の決断ではなく放送局であるUSAネットワーク側の決断と見られている。12月25日のクリスマスといえばアメリカでは家族や親戚と共に過ごす日。お店などほとんど閉まっている為、日本でいう元旦みたいな日。そんな日のクリスマスのRAW開催に関してジェフ・ハーディーの妻であるベスやマット・ハーディーの妻であるレビーはツイッター上で不満を漏らしている。補足ですが開催が発表されたのは日はレイバー・デー(労働者の日)。そして開催地の噂に上がっているのはイリノイ州シカゴ(クリスマス)。翌日のボクシング・デイに開催されるスマックダウンライブも同様。元旦はフロリダ州オーランド、もしくはマイアミが挙げられている。

[Source: Cageside Seats, Wrestling Inc]