ナタリアが綴る、メイヤングとメイヤング・クラシックとは。

674

現在、ハート・ファミリーを代表しWWEで活動中のナタリヤ。そんな彼女はカナダ・カルガリーの日刊紙「Calgary Sun」に自身のブログを掲載。
WWE殿堂者=メイヤング、そして先月開催されたメイヤング・クラシックについて自身の想いを綴りました。

ナタリヤが綴る、メイヤングとメイヤング・クラシック。

初めに、スマックダウン・ウィメンズ王者であるナオミとサマースラムで対戦できることは私にとって夢なの。ニューヨーク・シティで15,000人の熱狂的なファンを前にパフォーマンスを行うということは簡単なことではないわ。ショーを盗み、新王者になることを待ち望んでいるわよ。そして今年更に私を感化させたことは何か、明白よ。メイヤング・クラシック。

WWEのメイヤング・クラシックは全世界から召集された32名の女子によるトーナメントよ。ズバリ、伝説のWWE殿堂者=メイヤングの名を冠しているわ。

メイヤングは70年間もの間、パフォーマンスを行なった信じられないほど凄い女性よ。彼女が初の試合を行なったのは1939年、そして2010年まで人前に立ち続けたのよ。彼女は女性レスリングのパイオニアであり、数々の王座を獲得したわ。

彼女は私の祖父であるWWE殿堂者=スチュ・ハートをとてもよく知っていたの。スチュはスポーツで活動する女性をいつも応援していて、彼女のことを人生で出会った中で最もタフな女性の一人と言っていたわ。彼女は”ガチンコな人”だともね。根性も度胸も彼女は持ち合わせていたわ。でも美貌も兼ね添えていたわよ。リング上での彼女は”華”だったわ。

私はメイヤング・クラシックをリングサイドで観戦したけど、いろんなことに感化されたわね。WWEスーパスターになったことをとても誇りに思えたし。全世界から集まった彼女たちの試合を見ていると、なぜこの業界に入ったか思い出したわ。情熱を念頭におくこと。1試合20ドル(約2,200円)の時代もあったけど気にしなかった。自分自身を証明できるならと。

パイパー・ニーヴン対サンタナ・ギャレットの試合を見終えた後、とても興奮したわよ。素晴らしい試合だったというだけでなくパイパーは基準を超えているわ。彼女のスキル、個性、そしてリングの中の彼女は実生活での彼女より大きく見えるわね。大胆であることは重要だと私に思い出させてくれたわ。他とは違う者になり自信を持つ。リング上での彼女はとても優雅で観客を虜にしていたわ。パイパーはスターよ。

生前、メイヤングとの最後会話で彼女は100歳までパフォーマンスを続けたいと言っていたわ。生きてる実感がするとね。メイヤング・クラシックの出場者は私に思い出させてくれたわ。学ぶことを止めず、自信を持ち信じる気持ちが人生の成功の秘訣だと。

[Source: Calgary Sun]