レイ・ミステリオ、WWE復帰は無しか。

868

WWEは元WWE王者=レイ・ミステリオとの契約交渉を見送ったとスポーツ週刊誌「スポーツ・イラストレイテッド」は伝えている。

以前もお伝えしたように元々、WWEはラテンアメリカ市場に向けてのアンバサダー的役割を彼に担ってもらおうと獲得に興味を示していた。
そして同様にレイ・ミステリオ獲得に興味を示していたのはGFW。

記事によると原因はビンス・マクマホンとレイ・ミステリオの代理であるコナンとの関係性。
コナンは1992年にWWE(当時: WWF)と契約を交わし”マックス・ムーン”(マスクマン)なるギミックで登場。
これに当時、ビンス・マクマホンは莫大な時間と金を費やしたが彼は短期間で離脱。そのことを背景に今回、WWEはレイ・ミステリオ獲得を見送ったと報じている。
最近、コナンはスマックダウン・ライブの収録現場に姿を見せていたもののWWE側との関係性は修復されなかった模様。

レイ・ミステリオのWWE復帰が無くなったのであれば、現在予想されるのはGFWへの参戦。
もし契約が交わされれば、ビッグ・スターとしての役割を担うことになる。

[Source: Sports Illustrated]