【スポイラー】メイヤング・クラシック・トーナメント、セカンドラウンド突入。

772

※本記事はスポイラー、いわゆるネタバレが含まれております。試合結果は簡易となっていますがネタバレに支障の無い方のみ以下、ご覧ください。(放送は現地時間9月4日)

本日、WWEネットワークで9月4日(現地時間)放送予定の全世界から女子プロレスラーを集めて行われるメイヤング・クラシック・トーナメントの第二ラウンド収録がNXTではお馴染みフルセイル大学にて行われました。
第一ラウンドの結果は「【スポイラー】メイヤング・クラシック・トーナメント、ファーストラウンド収録へ」をご参照ください。

第二ラウンドへ駒を進めた総勢16名は以下の通り。第二ラウンドは試合制限時間20分。

  • プリンセス・スゲヒト – メキシコ
  • シャイナ・バズラー – 米国
  • セレナ・ディーブ – 米国
  • パイパー・ナイヴェン – スコットランド
  • ミア・イム – 韓国
  • メルセデス・マルティネス – 米国
  • レア・リプレイ – オーストラリア
  • アビー・ライス – 米国
  • トニー・ストーム – オーストラリア
  • ダコタ・カイ – ニュージーランド
  • キャンディス・レラエ – 米国
  • レイチェル・エバーズ – 米国
  • ビアンカ・ブレアー – 米国
  • レイシー・エヴァンス – 米国
  • ニコール・サヴォイ – 米国
  • カイリ・セイン – 日本

以下、今回収録が行われたエピソード5~8となります。

エピソード5

-アビー・ライス対レイチェル・エバーズ
両者素晴らしい試合をみせ会場には”レッツ・ゴー・レイチェル/レッツ・ゴー・アビー”チャントが巻き起こる。試合はアビー・ライスのパワーボムが決まり勝利を収める。
勝者: アビー・ライス

エマがリングサイドに姿を現わす。

-セレナ・ディーブ対パイパー・ナイヴェン
パイパーのミチノク・ドライバーが決まり勝利を収める。
勝者: パイパー・ナイヴェン

ベイリーがシャーロット・フレアー、ベッキー・リンチと共に観客席に陣取る。
カリストがリングサイドに姿を現わす。

-メルセデス・マルティネス対プリンセス・スゲヒト
マルティネスのフィッシャーマン・スープレックスが決まり勝利。
勝者: メルセデス・マルティネス

マリア&マイク・ケネリスがリングサイドに姿を現わす。

-カイリ・セイン&ビアンカ・ブレアー
カイリのダイビング・エルボードロップが決まり勝利。
勝者: カイリ・セイン

エピソード6

ナイジェル・マッギネスが姿を現わす。

-トニー・ストーム対レイシー・エバンス
トニーのフィッシャーマンズ・ドライバーが決まり勝利。
勝者: トニー・ストーム

-シャイナ・バズラー対ミア・イム
シャイナのチョーク攻撃が決まり勝利。
勝者: シャイナ・バズラー

-ダコタ・カイ対レア・リプレイ
両者トップロープ上での戦いを見せ、ダコタ・カイのダブル・スタンプが決まり勝利。
勝者: ダコタ・カイ

ジョニー・ガルガノがリングサイドに姿を現わす。

-キャンディス・レラエ対ニコール・サヴォイ
キャンディスはトップロープ上からのスウィンギング・ネックブリーカーを決め勝利。
勝者: キャンディス・レラエ

エピソード7/準々決勝

準々決勝より制限時間25分。
ドリューグラックが姿を現わす。

-メルセデス・マルティネス対アビー・ライス
マルティネスのフィッッシャーマン・スープレックスが決まり勝利。この結果に観客は不服の様子。
勝者: メルセデス・マルティネス

-シャイナ・バズラー対キャンディス・レラエ
バズラーのチョーク攻撃(裸絞)が決まり勝利。
勝者: シャイナ・バズラー

-パイパー・ナイヴェン対トニー・ストーム
トニー・ストームはトップロープからのレッグドロップを決め勝利。素晴らしい内容だった模様。
勝者: トニー・ストーム

フナキが登場。

-ダコタ・カイ対カイリ・セイン
カイリのアラバマスラム、ダイビング・エルボードロップが決まり勝利。素晴らしい内容だった模様。
勝者 : カイリ・セイン

次の試合のゲストコメンテーターとしてベス・フェニックスが登場。

-テッサ・ブランチャード&ジャジー・ギャバート&ケイ・リー・レイ対サンタナ・ガレット&サラ・ローガン&マーティ・ベレ
ジャジー・ギャバートは観客から凄まじい声援を受ける。試合はジャジーの顔から落ちるドライバーが決まり勝利。
観客はジャジーに対し”Please Sign(契約してよ)”チャントを送った。
勝者: テッサ・ブランチャード&ジャジー・ギャバート&ケイ・リー・レイ

トリプルHが登場。彼が登場しても観客は”Please Sign Jazzy(ジャジーと契約して)”チャントで会場を包む。
トリプルHは”Are you ready for semi-final?(準決勝の準備はいいか?)”と、準決勝開幕を目前に会場を盛り上げる。

エピソード8/準決勝

準決勝より制限時間30分。

-メルセデス・マルティネス対シャイナ・バズラー
シャイナのチョーク攻撃(裸絞)が決まりタップアウトを奪う。
勝者: シャイナ・バズラー

-カイリ・セイン対トニー・ストーム
カイリのダイビング・エルボードロップが決まり勝利。
勝者: カイリ・セイン

試合後、トリプルH、ステファニー・マクマホン、サラがリング上に姿を現し決勝戦に出場するカイリ・セインとシャイナ・バズラーを讃えた。
そして決勝戦の舞台を9月12日(現地時間)、ラスベガスに移すと発表した。

以上、エピソード5~8までの簡易結果となります。

今回の模様は現地時間9月4日よりWWEネットワークで放送開始。
決勝戦は現地時間9月12日、スマックダウン・ライブ終了後にラスベガスより生中継。こちらもWWEネットワークで放送予定。

[Source: Wrestling Inc]