スカーレット・ボルドーら4名が「WWEパフォーマンスセンター」入り

582
© Anthem Wrestling Exhibitions, LLC

WWEは現地時間11月5日、米フロリダ州オーランドにあるトレーニング施設「WWEパフォーマンスセンター」に新たな人材を迎え入れたと発表した。

同団体の発表によると、スカーレット・ボルドーの名で知られるエリザベス・チハイア、ショッツィ・ブラックハートの名で知られるアシュリー・ウルバンスキ、インディ・ハートウェルの名で知られるサマンサ・ド・マーティン、ステフォン・スミスの4人が新たに同パフォーマンスセンター入りした。

(左: ステフォン・スミス、中央左: ショッツィ・ブラックハート、中央右: スカーレット・ボルドー、右: インディ・ハートウェル)

元インパクト・レスリング所属のスカーレットは2019年9月、WWEのトライアウトを受けたと報じられ、入団が期待されていた。彼女はインパクト・レスリング在籍時などにその美しい容姿で出演者や観客を魅了するセグメント「スモークショー」を展開するなど、セクシー路線を中心に活躍した。なお、2016年にはWWEのテレビ番組『RAW』に出演し、ナイア・ジャックスと一戦交えている。

ブラックハートはこれまでEVOLVE、SHIMMERなど数多くの団体で活動。2019年7月に開かれた『EVOLVE 131』(10周年記念公演)ではブランディ・ローレンとのノーDQ戦をこなし、同年10月開催の『EVOLVE 137』ではNXTブランドのGMを務めるウィリアム・リーガルから直々の契約オファーを受けた。

WWEは2019年8・9月にも同パフォーマンスセンターに新たな人材を迎え入れたと発表。キング・クエルノ、エル・イホ・デル・ファンタズマの名で知られるジョージ・ボリー、オースチン・セオリーの名でも知られるオースチン・ホワイト、サンタナ・ギャレットなど10名以上がNXTブランドでの活動を開始した。