【TV結果】WWE NXT 9/25/19|王座への新たな挑戦者が決定

321

WWEは現地時間9月25日、米フロリダ州ウィンターパークにあるフルセイル大学にて『NXT』を開催。新たなNXT王座挑戦者が決定した。

キース・リーがドミニク・ダイジャコビッチとの熱戦を制す

キース・リー対ドミニク・ダイジャコビッチ
1試合目はシングル戦。場内にはドミニク・ダイジャコビッチとキース・リーの両者へのチャントが飛び交った。キースによるクロスボディやパウンスを浴びせる持ち前の肉体をぶつける攻撃などが炸裂。対するダイジャコビッチもエプロンサイドへのチョークスラムを放つなど、会場は「NXT!! NXT!!」と盛り上がりを見せた。

キースはセカンドロープからのムーンサルトを放ち、ダイジャコビッチはカナディアン・デストロイヤーを放つなど両者一歩もひかぬ熱戦を披露。最後はキースがファイヤーマンズキャリーの体勢からジャックハマーを決めて勝利を収めた。
勝者: キース・リー

ダコタ・カイ、タイナラを相手に復帰戦を勝利で飾る

ダコタ・カイ対タイナラ
2試合目は女子によるシングル戦。観客は復帰を果たしたダコタ・カイに対し、「お帰り!」と喜びの声をあげた。カイは蹴り技を中心に相手を攻撃。最後はタイナラにGTKを浴びせて復帰戦を見事勝利で飾った。
勝者: ダコタ・カイ

マット・リドル、キリアン・デインを下してNXT王者アダム・コールに挑戦へ

マット・リドル対キリアン・デイン|ストリート・ファイト
3試合目には”オリジナル・ブロ”ことマット・リドルとキリアン・デインが、先週に引き続いて再び対戦。次期NXT王座挑戦者を決する一戦となった。デインは壁ごと破壊するクロスボディを浴びせ、リドルはテーブルをもぶち壊すブロトーンを放つなど、両者は激しい攻防戦を展開。ストリート・ファイトということもあり、パイプ椅子などの武器も使用された。デインはベイダーボムを炸裂させ、リドルはパイプ椅子越しの強烈なニーキックを決めるが、これでも勝負は決まらず。熱戦が続くも、最後はリドルがフジワラ・アームバーを決めてタップアウト勝ちを収めた。
勝者: マット・リドル
試合後にはNXT王者アダム・コールが登場。挑戦者となるリドルを目の前で挑発するも、アーム・バーを喰らうと降参した。両者の一戦は現地時間10月2日放送の『NXT』にて行われる。

リア・リプリー、リップタイドを決めケイデン・カーターに改名したレイシー・レーンを下す

リア・リプリー対ケイデン・カーター
4試合目は女子によるシングル戦。ケイデン・カーターに改名したレイシー・レーンがリア・リプリーと激突した。華麗な動きを見せるカーターはハリケーン・ラナを放つなど相手を翻弄するも、リアも相手をマットに叩きつけ応戦。最後はリアが得意のリップタイドを決めて試合を制した。
勝者: リア・リプリー

オニー・ローカン&ダニー・バーチがエバー・ライズとのタッグチーム戦を制す

オニー・ローカン&ダニー・バーチ対エバー・ライズ(マット・マーテル&チェイス・パーカー)
5試合目はタッグチーム戦。タッグチーム部門の一翼を担うオニー・ローカンとダニー・バーチが、3.0のタッグチーム名でも知られたエバー・ライズと対戦した。見事な連携をみせるエバー・ライズの2人は、ローカンを孤立させて試合を優位に展開した。だが、ローカンからバーチへのタッチが成功すると形勢逆転。ローカンとバーチはそのままの勢いで連携技を決めると勝利を手にした。
勝者: オニー・ローカン&ダニー・バーチ

キャメロン・グライムス、ラウル・メンドーザとの一戦を制す

キャメロン・グライムス対ラウル・メンドーザ
6試合目はシングル戦。9月18日放送の『NXT』にてショーン・マルタを瞬殺したキャメロン・グライムスが、ラウル・メンドーザとの一戦に臨んだ。華麗な動きをみせるラウル・メンドーザは、スプリングボード・ヘッドロックを決めるなど相手を翻弄。対するグライムスも相手を腕を重点的に攻めるなど応戦した。メンドーザは特大フランケンシュタイナーを放つも勝利はつかめず。グライムスが得意のジャンピング・ダブルストンプを浴びせて勝利を収めた。
勝者: キャメロン・グライムス

KUSHIDA&ブリーザンゴがインペリウムを下すも、ウォルターが存在感を示す

KUSHIDA&ブリーザンゴ(ファンダンゴ&タイラー・ブリーズ)対インペリウム(アレクサンダー・ウルフ&ファビアン・アイクナー&マーセル・バーセル)
メインイベントにはKUSHIDAとブリーザンゴが結託。WWE UK王者ウォルターを除くインペリウムの3人と対戦した。インペリウムはタイラー・ブリーズを長時間にわたって孤立させ、集中攻撃。だが、ファンダンゴへのタッチが成功すると、トルネードDDTを放つなど一気に形勢は逆転した。終盤には6人が入り乱れる混戦となるも、KUSHIDAがマーセル・バーセルを丸め込むと1、2、3。KUSHIDA&ブリーザンゴがインペリウムとの戦いを制した。
勝者: KUSHIDA&ブリーザンゴ
試合終了後にはウォルターが登場。KUSHIDAにビッグブート・キックを浴びせ、試合には敗れたもののインペリウムが存在感を示した。