WWE、2019年『スターケード』を開催へ。1時間番組としてWWEネットワークで配信

239

WWEはこのたび、特別公演となる2019年『スターケード』を米国時間12月1日(日本時間2日)に開催すると発表した。

同団体の発表によると、セス・ローリンズ、コフィ・キングストン、ベッキー・リンチ、ベイリー、ローマン・レインズ、AJスタイルズ、サーシャ・バンクス、シャーロット・フレアー、ダニエル・ブライアンが出演予定。対戦カードは現時点において不明である。

会場は米ジョージア州ダルースにあるインフィニティ・エナジー・センターとなる。現地の模様は1時間番組として、WWEネットワークにて生配信される。

『スターケード』はもともと、NWA及びWCWにおける年間最大のイベント・PPVであり、1983年に初開催。2000年を最後に同イベントは廃止となったが、2017年にWWEが復活させた。