バロン・コービン、2019年「キング・オブ・ザ・リング」を制す

189

WWEは現地時間9月16日、米テネシー州ノックスビルにあるトンプソン・ボーリング・アリーナにて『RAW』を開催し、チャド・ゲーブルを破ったバロン・コービンがトーナメント「キング・オブ・ザ・リング」(2019)を制した。

コービンはディープ・シックスを放ち、ゲーブルはジャーマン・スープレックスを決めるなど、それぞれが得意技を繰り出す一進一退の攻防戦を展開。終盤にはゲーブルがアンクル・ロックを決めて相手を追い詰めるも、最後はコービンがエンド・オブ・デイズを浴びせて勝利を手にした。

コービンは同トーナメントの中でザ・ミズ、セドリック・アレクサンダー、サモア・ジョーとリコシェに次々と勝利。RAWブランドに所属する代表として、スマックダウン・ブランドに所属するゲーブルと今回の決勝戦で対戦した。

「キング・オブ・ザ・リング」の称号を手にし、初代優勝者ドン・ムラコを始めとする、ハーリー・レイス、ランディ・サベージ、ブレット・ハート、オーエン・ハート、ストーン・コールド・スティーブ・オースチン、ハンター・ハースト・ヘルムスリー(トリプルH)、カート・アングル、ブロック・レスナーらと同じ”キング”の仲間入りを果たした。