【TV結果】WWE スマックダウン・ライブ 9/10/19/|MSGにてクビを宣告

387

WWEは現地時間9月10日、米ニューヨーク州ニューヨークにあるマディソン・スクエア・ガーデンにて『スマックダウン・ライブ』を開催。WWEの”聖地”といえる同会場での同番組収録は、2009年11月以来およそ10年ぶりとなった。

ジ・アンダーテイカーがサミ・ゼインを沈める

番組冒頭にはジ・アンダーテイカーが登場。すると姿を見せたサミ・ゼインは、”デッドマン”に向けて「今すぐリングを去ってくれ。正しいことをしてくれよ。バトンを渡してくれ。約束する。マディソン・スクエア・ガーデンとWWEの未来はサミ・ゼインに任せろ」などと告げた。テイカーがリングを去る素振りをみせるとサミは歓喜。だが、テイカーはリングを去らず、サミに対してチョークスラムを放った。

ザ・ミズ、試合に勝利もシンスケ・ナカムラの襲撃を受ける

ザ・ミズ対アンドラーデ(w/ゼリーナ・ベガ)
1試合目はシングル戦。インターコンチネンタル王者シンスケ・ナカムラが実況席に陣取った。アンドラーデとゼリーナ・ベガはお得意のダブル・トランキーロポーズを披露。対するザ・ミズも対抗するようにトランキーロ・ポーズを披露して相手を挑発した。終盤にはアンドラーデの強烈なバックエルボーが炸裂。アンドラーデが流れをつかんだかに思われたが、最後は相手のムーンサルトを交わしたザ・ミズがスカル・クラッシング・フィナーレを放って勝利を収めた。
勝者: ザ・ミズ
試合終了とともにシンスケ・ナカムラがザ・ミズを襲撃。キンシャサを放って『クラッシュ・オブ・チャンピオンズ』に向けて存在感を示した。

マンディ・ローズ(w/ソンヤ・デヴィル)対ニッキー・クロス(w/アレクサ・ブリス)
2試合目は女子によるシングル戦。WWE女子タッグチーム王者の1人であるニッキー・クロスとその王座を狙うマンディ・ローズが、『クラッシュ・オブ・チャンピオンズ』を前に激突した。終盤にはソンヤ・デヴィルが試合に介入するも、アレクサ・ブリスが阻止。最後はニッキーが相手を丸め込んで勝利を収めた。
勝者: ニッキー・クロス

ヘビー・マシーナリーが圧勝

ヘビー・マシーナリー対ジョニー・シルバー&アレックス・キートン
3試合目はタッグチーム戦。ヘビー・マシーナリーが相手を圧倒した。オーティスはキャタピラーを披露。続いてヘビー・マシーナリーは最後の試合といわんばかりにコンパクターを決めて勝利を収めた。
勝者: ヘビー・マシーナリー

ローマン・レインズとエリック・ローワンが激しく衝突

怒りに震えるエリック・ローワンとローマン・レインズが衝突。レインズはすぐさまスーパーマン・パンチを浴びせ、ローワンも相手をバリケードに叩きつけるなど、両者が激しい乱闘を繰り広げた。関係者が止めに入るも、二人の怒りは収まらず。ローワンはカメラ機材をレインズに叩きつけると「日曜日だ!」と『クラッシュ・オブ・チャンピオンズ』に向けたメッセージを発してその場を後にした。

ベイリー、エンバー・ムーンに勝利。試合後にシャーロット・フレアーと対峙

ベイリー対エンバー・ムーン
4試合目は女子によるシングル戦。スマックダウン女子王者ベイリーがエンバー・ムーンとの一騎打ちに臨み、実況席にはシャーロット・フレアーが陣取った。両者攻防戦を繰り広げるも、ベイリーのベイリー・トゥ・ベリーが炸裂。これが決め手となり、ベイリーが勝利を手にした。
勝者: ベイリー
試合後にはシャーロットがベイリーと対峙。『クラッシュ・オブ・チャンピオンズ』での対戦を前に、シャーロットは王座を奪う仕草を見せた。

WWE王者コフィ・キングストン、10年前を再現。ランディ・オートンをテーブルに沈める

『クラッシュ・オブ・チャンピオンズ』に向けてWWE王者コフィ・キングストンとランディ・オートンが乱闘を展開。2009年11月に開かれた『RAW』と同じように、コフィはテーブルに横たわるオートンめがけてレッグドロップを放った。

チャド・ゲーブル、キング・オブ・ザ・リング決勝進出。シェイン・マクマホンはケビン・オーエンスを解雇

シェイン・マクマホン対チャド・ゲーブル|キング・オブ・ザ・リング準決勝
「キング・オブ・ザ・リング」準決勝には負傷したアライアスの代役として、シェイン・マクマホンが出場。シェインに弱みを握られるケビン・オーエンスがレフェリーを務めた。試合はジャーマンスープレックスを決めたチャド・ゲーブルが勝利を収めるも、シェインは権力を振りかざして同試合を3本勝負へと変更。観客は「クソ野郎」と声をあげた。ゲーブルはトップロープからのムーンサルトを放つも、オーエンスは超スローカウントを取ってシェインを援護。だが、最後はゲーブルがアンクルロックを決めてタップアウト勝ちを収めた。
勝者: チャド・ゲーブル
シェインは試合後、試合を裁いたオーエンスを襲撃。「お前はクビだ。クビだ!」と告げた。