WWE、今秋にドラフトを実施予定か

191

WWEは今秋にもブランド間によるドラフトを実施するのだろうか。

ニュースサイト『POST Wrestling』によると、WWEは2つの番組エピソードにわたって、ドラフトを行うことを予定しているとのこと。日程に関しては、あくまで「仮」ではあるが、10月11日放送(日本時間12日)の『スマックダウン』と10月14日放送(日本時間15日)の『RAW』になることが予定されているという。

『スマックダウン』は10月4日(日本時間5日)より、米ケーブル局「USAネットワーク」から米地上波局「FOX」へと移行する。ドラフトの日程変更の可能性は常にあるとみられるが、前述した日程で決定すれば、初回放送の翌週ということになる。

WWEは2019年4月、ブランド間の選手入れ替え「スーパースター・シェイクアップ」を実施。同年5月には、スーパースターが所属ブランドとは別番組に出演することが可能となる「ワイルドカード・ルール」を導入した。