【TV結果】WWE NXT 8/21/19|番組終了後も2人は衝突

610

WWEは米国時間8月21日、WWEネットワークにて『NXT』新エピソードを配信。収録は米フロリダ州ウインター・パークにあるフルセイル大学にて行われた。

ジ・アンディスピューテッド・エラ、全員の王座戴冠を目指す。「NXTブレイクアウト・トーナメント」優勝者はアダム・コールへの挑戦を表明

番組冒頭にはジ・アンディスピューテッド・エラの4人が登場。NXT王者アダム・コールは「有言実行したぜ」と『NXTテイクオーバー: トロント』での王座防衛を誇らしげに語った。ジ・アンディスピューテッド・エラが狙うは4人全員の王座戴冠。ロデリック・ストロングはNXT北米王座を、ボビー・フィッシュとカイル・オライリーはNXTタッグチーム王座をそれぞれ手にする意気込みをみせた。

彼らが舞台裏へ去ろうとするも、シングル・トーナメント「NXTブレイクアウト・トーナメント」を制したジョーダン・マイルスが登場。アダムは王座挑戦権を保持するマイルスを挑発した。すると、マイルスはアダムの目の前に契約書を投下。NXT王者へ挑戦する意思を表明した。

ダミアン・プリーストがマンスールを下す

ダミアン・プリースト対マンスール
1試合目はシングル戦。ダミアン・プリーストとサウジ公演『スーパー・ショーダウン』で行われた50人バトルロイヤル戦を制したマンスールが対戦した。マンスールは場外へのトペコンヒーロや華麗なネックブリーカーを、ダミアンは強烈なクローズラインや投げっぱなしパワーボムをそれぞれが決めるなど、白熱した試合を展開。最後はマンスールがクロスローズを決めて勝利を収めた。
勝者: ダミアン・プリースト

ミア・イム、アリーヤの介入を受けるもヴァネッサ・ボーンに勝利

ミア・イム対ヴァネッサ・ボーン(w/アリーヤ)
2試合目は女子によるシングル戦。観客の声援はミア・イムに集中した。試合にはヴァネッサ・ボーンの仲間であるアリーヤが介入。イムは不利を受けるも、キャノンボールを決めた後にプロテクト・ヤ・ネックを浴びせて勝利手にした。
勝者: ミア・イム

フォー・ホースウィメンがミア・イムに暴行を加える

試合後にはNXT女子王者シェイナ・ベイズラーが登場。観客の声援は二分した。シェイナは「私たちは敵同士のように対峙する必要はない。あんたは私のそばにいたらいい」と、手を組もうといわんばかりのメッセージを発し、さらに圧力をかけるかのようにジェサミン・デュークとマリーナ・シャフィールがイムを取り囲んだ。だが、イムの答えはNO。フォー・ホースウィメンの三人はイムに暴行を加えた。

シェイン・ソーン、ブロンソン・リードを下す

ブロンソン・リード対シェイン・ソーン
3試合目はシングル戦。シングル・トーナメント「NXTブレイクアウト・トーナメント」に出場したブロンソン・リードとシェイン・ソーンが激突した。ブロンソンはパワースラム、サモアン・ドロップ、セントーンを決めるなど試合を優位に展開。だが、反撃に転じたシェインは強烈なランニング・キックを放って勝利を収めた。
勝者: シェイン・ソーン

NXT北米王者ベルベティーン・ドリーム、王座を狙うロデリック・ストロングへメッセージを発する

ソファーに寝そべるNXT北米王者ベルベティーン・ドリームが、美女2人と共に観客の前に登場。NXT北米王座を狙うロデリック・ストロングに対し、「俺と本当に1対1で対戦したいなら、今までにない体験をドリームに与えろ。だが、早くしろ。お前にとってのドリーム(夢)が終わるぞ」というメッセージを発した。

キリアン・デイン、ベイダー・ボム3連発を放ちマット・リドルとの激闘を制す

マット・リドル対キリアン・デイン
メインイベントを飾るのはシングル戦。抗争を続けるマット・リドルとキリアン・デインが対戦した。リドルが試合開始前からデインを襲撃するなど、両者激しく激突。リドルは強烈な打撃技やジャーマン・スープレックスを、デインはクロス・ボディやセントーンなどをそれぞれ浴びせた。リドルはパワーボムからのニーキックを決めるも勝利はつかめず。対するデインが鉄階段に横たわるリドルめがけてセントーンを浴びせた後、ベイダー・ボム3連発を放って勝利を収めた。
勝者: キリアン・デイン

マット・リドルとキリアン・デインが番組終了後も衝突

マット・リドルはキリアン・デインに敗北を喫するも納得いかず。闘志を燃やしたまま、舞台裏へと歩を進めるデインに襲いかかった。番組終了後も二人は会場外を舞台に乱闘。デインはラダーの下敷きになるリドルにまたしてもセントーンを放った。