ジョン・モクスリー、試合中にペンタゴン・ジュニアの覆面を剥ぐ

1655

AEW(オール・エリート・レスリング)に所属するジョン・モクスリーは米国時間8月16日、米インディー団体NEW(ノースイースト・レスリング)が主催する興行『プリズン・ブレイク』に出場し、試合中に対戦相手ペンタゴン・ジュニアの覆面を剥いだ。

モクスリーとペンタゴンはメインイベントに一騎打ちで激突。終盤にモクスリーがペンタゴンの覆面を剥ぐと、会場はどよめきに包まれた。ペンタゴンは自身の顔を手で覆い隠すも、モクスリーはここぞとばかりに追撃。必殺のパラダイム・シフト(ダブルアームDDT)を浴びせて勝利を収めた。

その他、同興行ではエンツォ・アモーレの名でも知られるnZoが、WWE退団以来となる1年半ぶりの試合復帰。イート・ディフィートを決めて、ブライアン・ピルマン・ジュニアとの一戦を制した。また、ビッグ・キャスの名でも知られるCaz XLもスリルライドとの試合に出場。パワーボムを放ち、相棒のnZoと同じく勝利を収めた。