【スポイラー】WWE NXT TV収録|2019年8~9月放送予定

※本記事はスポイラー、いわゆるネタバレが含まれております。ネタバレに支障の無い方のみ以下、ご覧ください。

330

WWEは現地時間8月15日、米フロリダ州ウインター・パークにあるフルセイル大学にて『NXT』TV収録を開催。収録の模様は8~9月中にWWEネットワークでの放送を予定している。
※収録が行われた順に掲載していますが、あくまで目安。放送時はセグメント順序など入れ替わってる可能性あり。

トーナメント優勝者ジョーダン・マイルス、狙いをNXT王者アダム・コールに定める
ジ・アンディスピューテッド・エラが登場。メンバーの1人であるNXT王者アダム・コールは「俺は有言実行し、NXT史上最高の王者だ」と語り、また、その他のメンバーも全員が王座を手にしようという姿勢をみせた。彼らが舞台裏へ去ろうとすると、シングル・トーナメント「NXTブレイクアウト・トーナメント」で優勝したジョーダン・マイルスが登場。王座挑戦権を有するジョーダンは、NXT王者に狙いを定めた。

ダミアン・プリースト、マンスールに勝利
パニッシュメント・マルティネスの名で知られたダミアン・プリーストは、サウジ公演『スーパー・ショーダウン』にて50人バトルロイヤル戦を制したマンスールと対戦。クロス・ローズを決めたダミアンが勝利を収めた。

ミア・イム、ヴァネッサ・ボーンを下す。試合後にはフォー・ホースウィメンの勧誘を受けるも…
ミア・イムはアリーヤの妨害行為を受けるも、ヴァネッサ・ボーンを相手に勝利。試合後にはNXT女子王者シェイナ・ベイズラー、マリーナ・シャフィール、ジェサミン・デュークが登場し、ミアをフォー・ホースウィメンに勧誘。ミアがこれを断るようにマリーナを攻撃すると、その他のホースウィメンは彼女に襲いかかった。

キリアン・ダイン、マット・リドルに勝利。両者は試合後も乱闘を繰り広げる
キリアン・デインは抗争を続けるマット・リドルと対戦し、ベイダー・ボムを放って勝利。試合後も両者は激しい乱闘を繰り広げ、デインは場外にてランニング・セントーンを放った。

“黒い”イオ・シライとキャンディス・レラエの物語は継続か
“黒い”イオ・シライはキャミ・フィールドと対戦。イオはムーンサルトを放った後、変形コジ・クラッチを決めてタップアウト勝ちを収めた。試合後にはイオがさらなる攻撃を加えるべく竹刀を手にするも、キャンディス・レラエが現れてこれを阻止した。

ドミニク・ダイジャコビッチ、キース・リーとの激しい攻防戦を制す
ドミニク・ダイジャコビッチはキース・リーと対戦。両者激しい攻防戦を繰り広げ、最後はドミニクがフィースト・ユア・アイズを決めて勝利を収めた。

初代NXT UK女子王者リア・リプリーがNXT女子王者シェイナ・ベイズラーの前に現る
NXT女子王者シェイナ・ベイズラーが登場。彼女が口を開く前には元NXT UK女子王者リア・リプリーが姿を見せ、会場は大いに沸いた。リアは「あんたはここにいる全員を倒したと言いたいんだろ。でもあんたは私を倒してない」と発言。両者にらみ合いを見せた。

ブリーザンゴが勝利を掴む
ブリーザンゴ(タイラー・ブリーズ&ファンダンゴ)はチーム3.0として知られたシェイス・パーカー&マット・マーテルと対戦。試合はブリーザンゴが合体技を決めて勝利を収めた。

ビアンカ・べレア、タイナラ・コンティを下す
ビアンカ・べレアはタイナラ・コンティと対戦。最後はビアンカがべレア・ドライバーを決めて勝利を手にした。

アダム・コール、ジョーダン・マイルスとの一戦を制してNXT王座防衛に成功
NXT王者アダム・コールは、シングル・トーナメント「NXTブレイクアウト・トーナメント」の優勝者であるジョーダン・マイルスと対戦。最後はアダムがラストショットを決めて王座防衛に成功した。

ダミアン・プリースト、ボアに勝利
ダミアン・プリーストはボアと対戦。クロス・ローズを決めたダミアンが勝利を手にした。

ジョニー・ガルガノ、NXTブランドに残留
ジョニー・ガルガノが登場。観客は「ジョニー・レスリング!」と声を揃えた。ガルガノはある決断をしたと話すも、そこへシェイン・ソーンが介入。ソーンの挑発を受けたガルガノは、彼に蹴りを放った。ガルガノは指で「NXT」の文字を空中に描画。また「4LIFE」サインをみせ、NXTブランドに留まる意思を示した。

ロデリック・ストロング、NXT北米王者ベルベティーン・ドリームの注意を引く
NXT北米王者ベルベティーン・ドリームはコナ・リーブスと対戦。試合はドリーム・バレー・ドライバーを決めたドリームが勝利を収めた。試合後にはロデリック・ストロングがスクリーン越しに登場。ドリームのソファーが火で焼かれ、ストロングは「これでお前の注意を引いたか?」と問いかけた。

ピート・ダン、エンジェル・ガルサに勝利
ピート・ダンはエンジェル・ガルサと対戦。ダンはアーム・バーの態勢で相手の指をへし曲げるとタップアウト勝ちを収めた。

キャメロン・グライムス、ラウル・メンドーザを下す
元インパクトXディビジョン王者トレバー・リーとしても知られるキャメロン・グライムスはラウル・メンドーザと対戦。スタンディング・ダブルストンプを決めたグライムスが勝利を収めた。

リア・リプリー、NXT女子王者シェイナ・ベイズラーと激突
NXT女子王者シェイナ・ベイズラーはリア・リプリーとノンタイトル戦で対戦。マリーナ・シャフィール、ジェサミン・デュークの介入を受けたリアは、シェイナにイス攻撃を浴びせて反則負けを喫した。リアは試合後、NXT女子王座ベルトを手にしながらシェイナへの挑戦を表明した。

ジ・アンディスピューテッド・エラがNXTタッグチーム王座を奪取
ジ・アンディスピューテッド・エラ(以下、TUE)のカイル・オライリーとボビー・フィッシュは、NXTタッグチーム王者ストリート・プロフィッツと対戦。最後はTUEがトータル・エリミネーションを決めて新王者に輝いた。