【TV結果】WWE スマックダウン・ライブ 8/13/19|一連の事件に関する新事実が発覚

486

WWEは現地時間8月13日、カナダ・オンタリオ州トロントにあるスコシアバンク・アリーナにて『スマックダウン・ライブ』を開催。真夏の祭典『サマースラム』を終えた後の放送となった。

シェイン・マクマホン、ケビン・オーエンスに10万ドルの罰金を科す

番組冒頭にはケビン・オーエンスが登場。『サマースラム』で行われたシェイン・マクマホンとの一戦に勝利したことを報告し、また、次なる目標となるトーナメント「キング・オブ・ザ・リング」に向けた意気込みを語った。すると、シェインが登場。オーエンスが『サマースラム』で特別監視役を務めたアライアスに暴行を加えたとして、10万米ドル(約1060万円)の罰金を科した。だが、養う家族がいるオーエンスにとってこれは大金。処分の撤回を求めるも、シェインはこれを拒否した。

“女王”シャーロット・フレアー、エンバー・ムーンを下す

シャーロット・フレアー対エンバー・ムーン
1試合目は女子によるシングル戦。エンバー・ムーンはコード・ブレイカーやスーパーキックを決めるなど”女王”シャーロット・フレアーを追い詰めた。だが、終盤にはシャーロットのビックブート・キックが炸裂。彼女は立て続けにフィギア・エイトを決めてタップアウト勝ちを収めた。
勝者: シャーロット・フレアー

ダニエル・ブライアンら、ローマン・レインズ襲撃事件に関する犯行を否定

ダニエル・ブライアンとエリック・ローワンが観客の前に登場。ダニエルは「ローマン・レインズ襲撃事件」に関して、「バディ・マーフィーは嘘つきだ」「俺らがやったと思ってるんだろ」と犯行を否定した。また、「俺らは何もしていない。今夜それを証明する」と言い、舞台裏へと去った。

ローマン・レインズ、バディ・マーフィーとの熱戦を制す

ローマン・レインズ対バディ・マーフィー
2試合目はシングル戦。バディ・マーフィーは強烈なニーキックを放つなど、序盤からローマン・レインズに猛攻撃をしかけた。しかし、レインズもパワーボムを放つなど反撃開始。マーフィーも負けじと応戦するが、最後はレインズがスーパーマンパンチからの強烈なスピアーを浴びせて勝利を収めた。

ケビン・オーエンス、アライアスの超高速3カウントを受けサモア・ジョーに敗北

ケビン・オーエンス対サモア・ジョー
3試合目にはケビン・オーエンスとサモア・ジョーが激突。『サマースラム』と同じく、アライアスが特別監視役としてリングサイドに陣取った。互角の試合が続く中、オーエンスがポップアップパワーボムを放つも、アライアスがレフェリーのカウントを阻止。隙を突かれたオーエンスがジョーに丸め込まれると、アライアスの超高速3カウントを受けて敗北を喫した。
勝者: ケビン・オーエンス

バディ・マーフィー、嘘を認める。ダニエル・ブライアンらが手荒に尋問

ダニエル・ブライアンとエリック・ローワンは「お前が嘘をついたことは分かってるんだ」とバディ・マーフィーを尋問。「嘘をついたとみんなに話せ」と真実を語るよう求めた。しかし、マーフィーは無反応。ローワンがマーフィーに激しい暴行を加えると、マーフィーは遂に「俺は嘘をついた!」と認めた。ブライアンは「嘘つきは嫌いだ」と一言。ローワンはマーフィーを投げ飛ばした。

ランディ・オートン、ニュー・デイを沈め存在感を示す

ニュー・デイ対ランディ・オートン&ザ・リバイバル
4試合目は6人タッグチーム戦。ランディ・オートンは試合前、WWE王者コフィ・キングストンに向けて「お前はランディ・オートンに勝てない」と挑発した。試合は両軍白熱した戦いを展開。最後はザ・リバイバルがエグザビア・ウッズにシャッター・マシーンを決めて勝利を収めた。
勝者: ニュー・デイ対ランディ・オートン
試合後、ザ・リバイバルはビッグ・Eを攻撃するも、コフィがこれを阻止。だが、オートンはそのコフィに対してRKOを放つなど、ニュー・デイの3人を沈めて存在感を示した。

ダニエル・ブライアンとローワンが「ローマン・レインズ襲撃犯」を特定と発言

ダニエル・ブライアンは一連の事件に関して、「ローワンが関与していたと思ったんだろ?謝れよ」とローマン・レインズに謝罪を要求。レインズは謝罪しなかったが、ダニエルは「俺らは独自に捜査を行い、誰がやったのかを特定した。来週にはその犯人を連れてきてやるよ」と告げた。