【TV結果】WWE NXTテイクオーバー: トロント 2019|”誰もが認める時代”は継続

360

WWEのNXTブランドは現地時間8月10日、カナダ・オンタリオ州トロントにあるスコシアバンク・アリーナにて『NXTテイクオーバー: トロント』を開催。4つの王座戦を含める計5試合が行われた。

NXTタッグチーム王者ストリート・プロフィッツ、ジ・アンディスピューテッド・エラとの熱戦を制す

ストリート・プロフィッツ(アンジェロ・ドーキンス&モンテス・フォード)(c)対ジ・アンディスピューテッド・エラ(カイル・オライリー&ボビー・フィッシュ)|NXTタッグチーム王座戦
1試合目はNXTタッグチーム王者ストリート・プロフィッツがジ・アンディスピューテッド・エラ(以下、TUE)と対戦。両軍に対する観客の声援は二分した。TUEは見事な連携をみせ、試合を優位に展開。アンジェロ・ドーキンスを孤立させた。だが、反撃に転じたドーキンスはモンテス・フォードへのタッチに成功。フォードはザ・ロックを彷彿とさせるロックボトムを放つなど観客を魅了した。

しかし、TUEも負けじと応戦。両軍白熱した攻防戦を展開し、観客は「NXT!! NXT!!」と声を揃えた。終盤にはドーキンスのスピアー2連発が炸裂。するとフォードはそれに続いて、トップロープからのフロッグ・スプラッシュを決めて勝利を収めた。
勝者: ストリート・プロフィッツ(王座防衛)

“黒い”イオ・シライが元盟友を撃破

イオ・シライ対キャンディス・レラエ
2試合目は女子による遺恨試合。”黒い”イオ・シライが元盟友のキャンディス・レラエと対戦した。キャンディスは試合開始前から相手に突進。いっぽうのイオは試合序盤から実況席めがけてスープレックスを放った。

キャンディスはネックブリーカーやダブルストンプを、イオは619やクロス・フェイスを決めるなど両者熱戦を披露。さらにイオはジャーマン・スープレックスを、キャンディスはリバース・ラナを浴びせるなどし、観客は「最高の試合だ!」と声を張りあげた。

イオはトップロープからのスパニッシュ・フライやムーンサルトを決めるも、キャンディスは敗北を拒否。しかしイオは攻撃の手を緩めず、相手を締めて失神させると勝利を手にした。
勝者: イオ・シライ

マット・リドルとキリアン・ダインが大乱闘を展開

マット・リドルが観客席を通って突如登場。抗争相手のキリアン・ダインを挑発した。ダインが姿を見せると、両者の大乱闘が開始。彼らの怒りは収まらず、制止に入った関係者にも暴行を加えた。ダインはリドルを背中に抱えたまま、ステージ上から転落。観客は「やべえ!!」と声をあげた。

NXT北米王者ベルベティーン・ドリーム、三つ巴の激戦を制す

ベルベティーン・ドリーム(c)対ピート・ダン対ロデリック・ストロング|NXT北米王座戦
3試合目はNXT北米王座を懸けた三つ巴。NXT北米王者ベルベティーン・ドリームに元WWE UK王者ピート・ダンとジ・アンディスピューテッド・エラのロデリック・ストロングが挑んだ。ドリームはブレット・ハートを彷彿とさせるシャープ・シューターやドリーム・バレー・ドライバーを、ダンはトップロープから場外めがけたムーンサルトやジャーマン・スープレックス2連発を、ストロングはオリンピック・スラムを決めるなど三者激闘を展開。観客は「この試合最高だ!」と声をあげた。

また、ドリームはコースト・トゥ・コーストばりのダイビング・エルボーを披露。さらに、ストロングは相手二人に対して同時にストロング・ホールドを決め、ピート・ダンはビター・エンドを放った。だが、これでも勝負は決まらず。最後はドリームがトップロープからの攻撃を放ち、勝利を盗み取るような形で王座防衛に成功した。
勝者: ベルベティーン・ドリーム(王座防衛)

NXT女子王者シェイナ・ベイズラー、ミア・イムを下す

シェイナ・ベイズラー(c)対ミア・イム|NXT女子王座戦
4試合目は女子王座を懸けた一戦。マリーナ・シャフィールやジェサミン・デュークをも襲ったミア・イムが、NXT女子王者シェイナ・ベイズラーに挑んだ。互いに相手の腕を狙い攻撃。ミアはトップロープからのサンセットボムやアーム・バーを決めて相手を追い詰めるも、シェイナはキリフダ・クラッチや三角締めを決めてタップアウト勝ちを収めた。
勝者: シェイナ・ベイズラー(王座防衛)

NXT王者アダム・コール、ジョニー・ガルガノとの大激闘を制す

アダム・コール(c)対ジョニー・ガルガノ|NXT王座戦(3本勝負)
メインイベントを飾るのはNXT王座を懸けた一戦。ジ・アンディスピューテッド・エラを率いるアダム・コールがジョニー・ガルガノとの3本勝負に臨み、1本目は通常の試合形式が採用された。両者に対する観客の声援は二分。ガルガノはサンセット・ドライバーを、アダムはコード・ブレイカーを決めるなど一進一退の攻防戦を繰り広げた。アダムはイスを持ち込むも、レフェリーがこれを阻止。ガルガノがこの椅子を利用して相手を攻撃すると、反則裁定によってアダムが1本目を制した。

2本目は反則裁定なしのストリート・ファイト形式となり、ガルガノは観客席を舞台にアダムを激しく攻撃。ガルガノはバリケードごと破壊するダイブを放った後、スペイン語実況席へ相手を葬った。アダムも反撃に転じたが、ガルガノのガルガノ・エスケープが炸裂。これによってアダムはタップアウトし、ガルガノが2本目を制した。

3本目は有刺鉄線や多くの武器で囲まれた通常とは異なる特殊な金網戦。この金網をみた観客は「ECW!! ECW!!」と大きな声をあげた。竹刀を手にした両者は互いを滅多打ち。さらに互いに放ったスーパーキックが相打ちになるなどし、観客は「永遠に戦ってくれ!」と声を揃えた。アダムはラダーから狙ったパナマ・サンライズを、ガルガノは竹刀を利用したSTOを決めるなど両者激闘を展開。最後は金網上段から互いに転落すると、アダムが相手をカバーして勝利を収めた。
勝者: アダム・コール(王座防衛)