【TV結果】インパクト・レスリング IMPACT! 8/9/19|1人の女性をめぐる物語

558
© Anthem Wrestling Exhibitions, LLC

インパクト・レスリングは現地時間8月9日、テレビ番組『IMPACT!』を放送。収録はカナダ・オンタリオ州ウィンザーにあるセント・クレア・カレッジにて開催された。

Xディビジョン王者ジェイク・クリスト、エイデン・プリンスとの熱戦を制す

ジェイク・クリスト(c)対エイデン・プリンス|インパクトXディビジョン王座戦
1試合目はXディビジョン王者ジェイク・クリストが、王座挑戦権を獲得したエイデン・プリンスと対戦。ジェイクはトップロープからのスーパープレックスを、エイデンはトップロープからの450°スプラッシュを決めるなど、両者白熱した攻防戦を繰り広げた。エイデンはトップロープからの攻撃を仕掛けるも、ジェイクのカウンターが炸裂。ジェイクは空中に舞うエイデンにカッターを浴びせて勝利を掴んだ。
勝者: ジェイク・クリスト(王座防衛)

エディ・エドワーズ、エース・オースチンを激しく攻撃。止めに入った妻に対し「こいつと付き合ってるのか?」

エディ・エドワーズ対エース・オースチン
2試合目には抗争中の2人が直接対決。妻を口説かれたことに腹を立てるエディ・エドワーズが、エース・オースチンを激しく攻撃した。怒りが収まらないエディは、レフェリーの制止を振り切り、攻撃を続行。反則裁定によって試合は終了となった。
勝者: エース・オースチン(反則裁定)
試合後にはアリーシャ・エドワーズが登場し、夫エディと口論。彼女がオースチンに対する攻撃をやめさせると、これに不満なエディは「こいつのことが好きなのか?お前ら付き合ってるのか?」と言い、その場を去っていった。

キエラ・ホーガンとマディソン・レインがアレクシア・ニコールを攻撃もジョーダン・グレイスが救援

マディソン・レイン対アレクシア・ニコール
3試合目は女子によるシングル戦。マディソン・レインと新顔のアレクシア・ニコールが激突した。終盤にはマディソンのカッターが炸裂。彼女は立て続けにクロス・ローズを決めて勝利を収めた。
勝者: マディソン・レイン
試合後、マディソンはキエラ・ホーガンと口論。ここにアレクシアが割り込むと、マディソンとキエラは共闘して彼女に暴行を加えた。しかし、アレクシアを救うべくジョーダン・グレイスが登場。キエラとマディソンはその場を去っていった。

シュー・ヤン、インパクト・ノックアウト王座戦をぶち壊しジェシカ・ハボックと衝突

タヤ・ヴァルキリー(c)対ジェシカ・ハボック|インパクト・ノックアウト王座戦
4試合目にはインパクト・ノックアウト王者と圧倒的なパワーを誇るジェシカ・ハボックが対戦。ジェシカは強烈なシットダウン・パワーボムを決めるなど、試合を優位に進めた。終盤にはジェシカのチョークスラムが炸裂し、新女子王者誕生かと思われたが、そこへシュー・ヤンが登場。彼女はジェシカと衝突し、マンディブル・クローを決めるなど存在感を示した。
勝者: N/A(ノーコンテスト)

ライノとマイケル・エルガンの抗争が激化

ストーン・ロックウェル対ネイト・マットソン
5試合目はシングル戦。ライノが試合に乱入すると、ネイト・マットソンに強烈なゴアを放った。これによって試合は終了。ライノはストーン・ロックウェルにも同じくゴアを浴びせた。
勝者: N/A(ノーコンテスト)
ライノが試合をぶち壊した後に敵対するマイケル・エルガンを呼び出すと、2人による乱闘に発展。関係者が止めに入る事態となり、これをみた観客は「彼らを戦わせろ」と声を揃えた。

ダガを加えた新生LAXが誕生か

ザ・ノース(ジョシュ・アレクサンダー、イーサン・ペイジ)対ダガ&オルティス(w/コナン)|インパクト世界タッグチーム王座戦
メインイベントにはインパクト世界タッグチーム王者ザ・ノースが出場。ダガ、オルティスとの王座防衛戦に臨んだ。試合を制したのはザ・ノース。オルティスに合体技を決めて勝利を収めた。
勝者: ザ・ノース(王座防衛)
試合後、LAXのオルティスはダガに敬意を表して抱擁。ダガを新たなメンバーとして迎え入れるということか。