【TV結果】WWE スマックダウン・ライブ 8/6/19|”未解決事件”が動く

401

WWEは現地時間8月6日、米ミシガン州デトロイトにあるリトル・シーザーズ・アリーナにて『スマックダウン・ライブ』を開催。真夏の祭典『サマースラム』に向け、最後の放送となった。

トリッシュ・ストラタス、真夏の祭典を前に”女王”シャーロット・フレアーをビンタ

シャーロット・フレアーとWWE殿堂者トリッシュ・ストラタスは番組冒頭、『サマースラム』に向け舌戦を展開。シャーロットが「あんたをひざまずかせてやるわ、この”女王”に」と話すと、いっぽうのトリッシュはその”女王”に強烈なビンタを放った。

ドルフ・ジグラー、真夏の祭典に向けゴールドバーグへ「伝説を終わらせる」

レイ・ミステリオとの対戦に向け、ドルフ・ジグラーは入場時、ゴールドバーグの入場曲とともに登場。ジグラーは試合開始を前にミステリオを攻撃した。マイクを手にしたジグラーは『サマースラム』で行われるゴールドバーグとの戦いに向け、「ゴールドバーグの伝説を終わらせる」と宣言。さらに「俺が『次』じゃない。お前が『最後』だ」と息巻いた。すると、ミステリオを心配したアリが登場。すぐさまジグラーに襲いかかった。

ドルフ・ジグラー、華麗なスーパーキックを浴びせアリを下す

ドルフ・ジグラー対アリ
1試合目はシングル戦。レイ・ミステリオに暴行を加えたドルフ・ジグラーと、そのミステリオを心配して駆けつけたアリが対戦した。終盤にはジグラーの華麗なスーパーキックが炸裂。これが勝負の決め手となり、ジグラーが『サマースラム』を前に勢いをつけた。
勝者: ドルフ・ジグラー

ナタリア、エンバー・ムーンを救うベイリーに不満

ナタリア対エンバー・ムーン
2試合目は女子によるシングル戦。エンバー・ムーンが場外のバリケードめがけたドロップキックを、ナタリアは場外にてシャープシューターを決めるなど激しい展開となった。だが、ナタリアがエンバーにシャープシューターをかけたまま、場外カウントアウトにより試合は終了。試合後には、スマックダウン女子王者ベイリーがエンバーを助けると、これに不満なナタリアは王者を突き飛ばした。
勝者: N/A(ダブル・カウントアウト)

シェイン・マクマホン、『サマースラム』を前にケビン・オーエンスを沈める

ケビン・オーエンスは自身がホストを務めるトークショー「ケビン・オーエンス・ショー」を開催。抗争相手のシェイン・マクマホンを呼び出した。オーエンスは『サマースラム』での対戦に向け「お前もキャリアをかけろ」と要求。シェインはこれを拒否し、オーエンスは「全く度胸がねえやつだな」と挑発した。

両者の乱闘が開始すると、アライアスがシェインに加勢してオーエンスを攻撃。数的不利のオーエンスはアライアスにスタナーを浴びせるも、シェインの激しい暴行を受けて放送席の下敷きとなり、その後もイスをかませた強烈なスライディング・キックを喰らった。

アレイスター・ブラック、必殺のブラック・マスを放ちサミ・ゼインに勝利

サミ・ゼイン対アレイスター・ブラック
3試合目はシングル戦。サミ・ゼインが暗い部屋に留まるアレイスター・ブラックを挑発し、試合へと発展した。終盤にはブラックの強烈なニーキックが炸裂。さらには切れ味鋭いブラック・マスを浴びせて勝利を収めた。
勝者: アレイスター・ブラック

ダニエル・ブライアン&ローワンがニュー・デイを下す

ダニエル・ブライアン&ローワン対ニュー・デイ(ビッグ・E、エグゼビア・ウッズ)
メインイベントを飾るにはタッグチーム戦。ビッグ・Eが場外めがけたスピアーを決めるなど、両軍白熱した試合を繰り広げた。終盤にはローマンが鉄階段を用いて相手を攻撃。反則裁定によって試合終了となった。
勝者: ダニエル・ブライアン&ローワン

“未解決事件”が動く。「ローワンだ!」とバディ・マーフィーが証言

ローマン・レインズは自分自身の身にふりかかる一連の騒動に関して、「お前はあの場にいたな。お前がやったのか知りたい。お前がフォークリフトを運転してたのか?俺を轢こうと車を運転してたのか?」とバディ・マーフィーを尋問。これに対してバディが「誰がやったか知らない。でも、もし俺がやってても言わないがな」と答えた。

するとレインズは犯人を吐かせるべく、バディを激しく攻撃。すると観念したバディは「ローワンだ!ローワンだよ!」と明かした。レインズは「すなわちダニエル・ブライアンとローワンってことか?」とさらに質問。バディは「ブライアンは見てない。俺はローワンだけを見た」と答えた。