AEWが初代女子王者を新番組の初回放送にて決定へ。「女子部門の礎となる」

420
© 2019 ALL ELITE WRESTLING, LLC

AEW(オール・エリート・レスリング)が、新たに始まるウィークリー番組の初回放送にて、初代AEW女子王者を決定するという。米スポーツ週刊誌『スポーツ・イラストレイテッド』(電子版)が報じた。

どのように初代女子王者を決めるのかは不明だが、8月31日(日本時間9月1日)開催の『オール・アウト』では、王座ベルトが初公開となる予定。同王座に関するその他の情報は、来週にも明らかとなる。

AEWのチーフ・ブランド・オフィサーを務めるブランディ・ローデスは、同誌にこう語った。「多くの女性レスラーにとって王座を懸けて戦う機会は、彼女らのキャリアにおける最高の業績を象徴する。AEW女子王座は女子部門の礎(いしずえ)となる」

また、ローデスはこう述べた。「同王座は最大の敬意と名声と共に扱われる。私達は将来の女性レスラーを鼓舞したい。非常に意味のある称号を手にしようと夢みてくれるように」

ウィークリー番組の初回放送は10月2日(日本時間3日)、米ワシントンD.C.にあるキャピタル・ワン・アリーナにて開催。クリス・ジェリコは謎の相棒2人を引き連れ、ヤング・バックス&ケニー・オメガと対戦する予定。コーディ・ローデスはサミー・ゲバラと激突し、また、ジョン・モクスリーも出演する。