ザ・ロックがドリュー・マッキンタイアを高く評価。「技術を磨き続け、観客と繋がっている」

540

“ザ・ロック”ことドウェイン・ジョンソンはこのたび、海外メディア『TMZスポーツ』の突撃取材に応じ、WWEに所属するドリュー・マッキンタイアを高く評価した。

同メディアの記者は「次なるザ・ロックとジョン・シナ、いわばWWEにおける次代の大物スーパースターとなるのは誰か」をザ・ロックに質問。”業界一シビれる男”は次のように答え始めた。

「そうだな…断言はできない。大勢の人が一所懸命に努力していることは知ってる。ちょうどローマン(レインズ)と多くの時間を過ごしたんだ。先週は彼と過ごし、俺達は誰に将来性があるのか、あるいは無いのかを話し合ったよ」

ザ・ロックは続けてこう述べた。「個人的にはドリュー・マッキンタイアが好きだな。彼はルックスも体格も優れている。特に技術を磨き続け、観客と繋がっているからね。それはいつの時代でも一番大事なことなんだよ」

“皆の王者”が期待を寄せるマッキンタイアは、2007年にWWEと初契約。 WWEインターコンチネンタル王者王座、WWEタッグチーム王座(現RAWタッグチーム王座)を獲得するも、2014年に契約解除となり、団体を去った。

インディー団体やTNA(現インパクト・レスリング)を経た後、2017年にWWEへ復帰。NXTブランドに所属し、NXT王座を獲得した。そして、2018年にメインロスター入り。2019年には『レッスルマニア 35』を舞台にローマン・レインズと対戦するなど、第一線で活躍を続けている。