アレクサ・ブリス、観客の批判的なチャントに対して反応。「ただただ失礼よ」

1557

WWEに所属するアレクサ・ブリスが現地時間7月15日、テレビ番組『RAW』で行われた試合後に自身のツイッターを更新し、試合中に起きた観客の批判的なチャントに対して反応を示した。

アレクサは同日、PPV『サマースラム』に向けたRAW女子王座挑戦者を決する四つ巴戦に出場。観客は試合中、「ひどい試合だぞ(This is awful)」「つまんねえよ(Boring)」などと声を揃え、同試合とは関係の無い「頑張れ、シナ!シナはクソだ!(Let’s go Cena, Cena sucks)」という声もあげた。

アレクサはこの件に関して、「ただただ失礼よ」とツイート。その後は今回のチャントを批判するファンの投稿をリツイートし、さらには「私達は声援、ブーイング、チャントという反応を示すよう勧めてるの。無礼な人になることを勧めてるわけじゃない」ともつづった。

批判的なチャントが起きた同試合には、アレクサ、カーメラ、ナオミ、ナタリアが出場。アレクサにシャープシューターを決めて勝利を手にしたナタリアが、『サマースラム』を舞台にRAW女子王者ベッキー・リンチと対戦することが決定した。