【PPV結果】WWE エクストリーム・ルールズ 2019(前編)|”デッドマン”が現る

337

WWEは現地時間7月14日、米ペンシルベニア州フィラデルフィアにあるウェルズ・ファーゴ・センターにてPPV『エクストリーム・ルールズ』を開催した。※本記事はPPV前半部分の結果を掲載。後半部分の結果に関しては、別記事にて公開中。

シンスケ・ナカムラが新IC王者に輝く。フィン・ベイラーへキンシャサを浴びせる

フィン・ベイラー(c)対シンスケ・ナカムラ|IC王座戦(キックオフ・ショー)
本編開始を前にIC王座戦が行われた。終盤には王者フィン・ベイラーがスタンディング・ストンプ、ドロップキックを放ち、最後の仕上げとなるトップロープからのクー・デ・グラを狙うも、挑戦者シンスケ・ナカムラはこれを回避。シンスケは後頭部へのニー・キックを決めると、さらにキンシャサを浴びせて勝利を収めた。
勝者: シンスケ・ナカムラ(新王者誕生)

クルーザー級王者ドリュー・グラック、トニー・ニースを破り王座防衛

ドリュー・グラック(c)対トニー・ニース|WWEクルーザー級王座戦(キックオフ・ショー)
IC王座戦に引き続き、WWEクルーザー級王座戦も本編開始前に行われた。熱戦が続き、終盤にはドリュー・グラックのパワーボムが炸裂。彼はさらに強烈なクローズラインを浴びせると、サイクロン・クラッシュを決めて王座防衛に成功した。
勝者: ドリュー・グラック(王座防衛)

ジ・アンダーテイカーとローマン・レインズがシェイン・マクマホンとドリュー・マッキンタイアを撃破

ジ・アンダーテイカー&ローマン・レインズ対シェイン・マクマホン&ドリュー・マッキンタイア(ノー・ホールズバード形式)
本編1試合目にはジ・アンダーテイカーらが出場。試合は反則裁定なしのノー・ホールズバード形式で行われた。試合中にはイライアスがテイカーの背後からギターショットを浴びせ、シェイン・マクマホンらに加勢。だが、最後はローマン・レインズがドリュー・マッキンタイアにスピアーを放った後に、ジ・アンダーテイカーがシェインにツームストン・パイルドライバーを決めて勝利を収めた。
勝者: ジ・アンダーテイカー&ローマン・レインズ

RAWタッグチーム王者ザ・リバイバル、ジ・ウーソズを破り王座防衛に成功

ザ・リバイバル(c)対ジ・ウーソズ|RAWタッグチーム王座戦
本編2試合目にはジ・ウーソズがRAWタッグチーム王者ザ・リバイバルに挑戦。両軍は激しい攻防戦を繰り広げ、ジ・ウーソズも見事な連携を見せるも、最後はザ・リバイバルがシャッター・マシーンを決めて王座防衛に成功した。
勝者: ザ・リバイバル(王座防衛)

アレイスター・ブラック、切れ味鋭いブラック・マスを浴びせてセザーロを下す

セザーロ対アレイスター・ブラック
本編3試合目はシングル戦。セザーロがアレイスター・ブラックに挑戦する形で試合は組まれた。セザーロは強烈なアッパーカット、シャープシューター、クロスフェイスなどを決めるも勝利はつかめず。最後はブラックが必殺のブラック・マスを決めて勝利を収めた。
勝者: アレイスター・ブラック

ベイリー、数的不利もスマックダウン女子王座を防衛

ベイリー(c)対アレクサ・ブリス&ニッキー・クロス|スマックダウン女子王座戦(ハンディキャップ形式)
本編4試合目にはアレクサ・ブリスとニッキー・クロスがスマックダウン女子王者ベイリーに挑戦。ベイリーにとっては2対1の数的不利な状況となるも、最後はニッキーにトップロープからのダイビング・エルボーを決めて勝利を収めた。
勝者: ベイリー(王座防衛)