ポール・ヘイマン、EVOLVE10周年記念公演に登場。元ECWアリーナが大いに沸く

347

米インディー団体EVOLVE(エボルブ)は現地時間7月13日、米ペンシルベニア州フィラデルフィアにある2300アリーナ(元ECWアリーナ)にて10周年記念公演を開催。元ECW社長、WWEのRAWブランドにおける現エグゼクティブ・ディレクターであるポール・ヘイマンが、観客の前に姿を現した。

ヘイマンはEVOLVE及びWWN王座を懸けた8試合目を前に登場。場内は「E-C-W!! E-C-W!!」「やべえ!!」「お帰り!!」という大きな声に包まれた。さらに観客が「ありがとう、ヘイマン!!」と声を揃えると、ヘイマンは少し涙を堪えるように「いや、私こそ『ありがとう』だ」と反応。続けて「私は誇りに、光栄に思う。”ホーム”に戻ってきたことを」と語った。

ヘイマンは先述の2つの王座を懸けた、オースチン・セオリーとJDドレイクによる試合に関して言及。「君達はこの試合をみて、『この業界が進化を遂げていくことを知る瞬間になった』と自分に言い聞かせるだろう」と語った。

EVOLVE及びWWN王座を懸けた勝者総取り戦は、約16分半の熱戦の末にセオリーが勝利。スーパーキック3連発からのアタクシアを決めて、見事に2冠王者に輝いた。

また同公演には、かつてEVOLVEに参戦した現WWEスーパースターが出場。NXT王者アダム・コールはアキラ・トザワを相手に王座を防衛し、マット・リドルはWWEクルーザー級王者ドリュー・グラックを相手にノンタイトル戦で勝利を収めた。

EVOLVE10周年記念公演はWWEネットワークで配信中。