【TV結果】インパクト・レスリング IMPACT! 7/12/19|夏の大一番を振り返る

581
© Anthem Wrestling Exhibitions, LLC

インパクト・レスリングは現地時間7月12日、テレビ番組『IMPACT!』を放送。女子による三つ巴戦を除くと、PPV『スラミバーサリー XVII』を振り返る内容となった。

ムースに敗れたロブ・ヴァン・ダム、汚名返上を誓う。「過小評価していた」

PPV『スラミバーサリー XVII』を舞台にムースに敗れたロブ・ヴァン・ダムは、相手に対して「過小評価していた。俺に勝つとは思わなかった」と相手を認めた。また、いつか再戦する意思を示し、「汚名返上する」と誓った。

キラー・クロス、エディ・エドワーズに向けて「お前はまさに俺みたいだ」

PPV『スラミバーサリー XVII』で行われたファースト・ブラッド戦は、キラー・クロスを破ったエディ・エドワーズの勝利。試合に敗れて血に染まるキラーは、「まさにお前は俺みたいだ」とエディに向けてメッセージを発した。

ジョニー・インパクトが去り、ジョニー・ブラボーに向けてタヤ・ヴァルキリーも激怒。「あんたのせいよ」

PPV『スラミバーサリー XVII』でXディビジョン王者リッチ・スワンに敗れたジョニー・インパクトは試合後、仲間のジョニー・ブラボーを批判。インパクトがその場を去ると、ノックアウト王者タヤ・ヴァルキリーも現れ、ブラボーに向けて「彼はどこ言ったの?何を言ったの?いずれにせよあんたのせいよ」と怒りの声をあげた。

マイケル・エルガン、インパクト世界王者ブライアン・ケイジとの再戦を望む

PPV『スラミバーサリー XVII』で行われたインパクト世界王座戦に敗れたマイケル・エルガンは、試合後に襲撃された覆面の男に関しては「どうでもいい」と話し、王者ブライアン・ケイジと再戦する姿勢を見せた。

ジョーディン・グレイス、三つ巴戦を制すも…

ジョーディン・グレイス対キエラ・ホーガン対マディソン・レイン
マディソン・レインがトップロープからのクロス・ボディを、キエラ・ホーガンが強烈なスーパーキックを、ジョーディン・グレイスがボディスラムやジャーマン・スープレックスを決めるなど、女子による三つ巴戦は白熱。最後はジョーディンが消えらにグレイス・ドライバーを決めて勝利を収めた。
勝者: ジョーディン・グレイス
試合後、ジョーディンとマディソンが衝突。キエラがマディソンに加勢し、ジョーディンは撃沈した。