【TV結果】WWE NXT 7/10/19|本性を明かす。「お前らの誰一人として必要ない」

910

WWEは米国時間7月10日、WWEネットワークで『NXT』新エピソードを配信。収録は米フロリダ州ウインター・パークにあるフルセイル大学にて行われた。

イオ・シライが本性を明かす

キャンディス・レラエを裏切りヒール転向したイオ・シライが、黒い衣装を身にまとい登場。観客は彼女に大きなブーイングを浴びせた。イオはまず「友だちは必要ない」と発言。続けて「お前らの誰一人として私に必要ない」とだけ話し、その場を後にした。

NXT北米王者ベルベティーン・ドリーム、今後の動向は…

NXT北米王者ベルベティーン・ドリームはメディア向け記者会見を開催。「次なる相手は誰になるのか」という質問を受けるも拒否し、次なる挑戦者として期待されるロデリック・ストロングに関しては、「ドリームとの一騎打ちを経験するに値しない」と述べた。

ダミアン・プリーストが圧勝。ブランコ・ロコを下す

ダミアン・プリースト対ブランコ・ロコ
1試合目はシングル戦。パニッシュメント・マルチィネスの名でも知られるダミアン・プリーストが、ブランコ・ロコと対戦した。ダミアンは強烈なクローズラインを決めるなど相手を圧倒。最後は弓を引く仕草を見せてからスピニング・キックを浴びせると、ローリング・カッターを決めて勝利を収めた。
勝者: ダミアン・プリースト

ジョーダン・マイルスが『NXTブレイクアウト・トーナメント』準決勝進出を決める

ジョーダン・マイルス対ボア|『NXTブレイクアウト・トーナメント』1回戦
2試合目は勝ち抜きシングル・トーナメント1回戦。ACHの名でも知られるジョーダン・マイルスと柔術を得意とする中国出身のボアが激突した。両者激しい攻防戦を披露。最後はボアがトップロープからの450°スプラッシュを決め、スターへの階段を一歩登った。
勝者: ジョーダン・マイルス

来週のラインナップは…KUSHIDAがアポロ・クルーズと対戦へ

NXTブランドのGMを務めるウィリアム・リーガルは来週、KUSHIDA対アポロ・クルーズ戦を行うと発表。また、NXT王者アダム・コールが王座を懸けた一戦に臨み、勝ち抜きシングルトーナメント『NXTブレイクアウト・トーナメント』では、ブロンソン・リード(元ジョナ・ロック)とデクスター・ルミス(元サム・ショー)が対戦する。

NXTタッグチーム王者ストリート・プロフィッツが王座防衛に成功。試合後にジ・アンディスピューテッド・エラが現る

ストリート・プロフィッツ(c)(アンジェロ・ドーキンス、モンテス・フォード)対ダニー・バーチ&オニー・ローカン|NXTタッグチーム王座戦
メインイベントを飾るのはNXTタッグチーム王座戦。両軍白熱した攻防戦を繰り広げ、観客も「すげえ試合だ」と声を揃えた。終盤にはオニー・ローカンが場外へのダイブを狙うも、アンジェロ・ドーキンスがこれを阻止。するとドーキンスはダニー・バーチにスパインバスターを決めると、さらにフォードがトップロープからのフロッグ・スプラッシュを浴びせて王座防衛に成功した。
勝者: ストリート・プロフィッツ(王座防衛)
試合後、ジ・アンディスピューテッド・エラのカイル・オライリーとボビー・フィッシュが登場。NXTタッグチーム王者を刺激し、次なる挑戦を狙っているようだ。