【TV結果】WWE RAW 7/8/19|”エクストリーム”なPPVに向けて最終調整

257

WWEは現地時間7月8日、米ニュー・ジャージー州ニューアークにあるプルデンシャル・センターにて『RAW』を開催。PPV『エクストリーム・ルールズ』(2019)に向けて最後の放送となった。

男女を交えたタッグチーム戦は白熱。試合後、王者らにバロン・コービンとレイシー・エバンスが襲いかかる

セス・ローリンズ&ベッキー・リンチ対アンドラーデ&ゼリーナ・ベガ
1試合目はブランドの垣根を超えたエリミネーション形式による男女混合タッグチーム戦。両軍白熱した攻防戦を繰り広げ、観客は大きな声援・拍手を送った。まずはゼリーナ・ベガが敗退。ベッキー・リンチがディス・アーム・ハーを決めてタップアウトを奪った。すると、レイシー・エバンスが観客席に登場。抗争を続けるベッキーと衝突した。

試合が再開されると、アンドラーデはダブルストンプを、セスはファルコン・アローを決めるなど、互いに一歩も引かぬ攻防戦を展開。既に敗退したゼリーナが試合に介入してアンドラーデに加勢するも、最後はセスがカーブストンプを浴びせて勝利を手にした。
勝者: ベッキー・リンチ&セス・ローリンズ
試合後、突如としてバロン・コービンがセスを襲撃。さらにはレイシーも現れ、ベッキーに強烈なウィメンズ・ライトを浴びせた。

王座挑戦権を有するブロック・レスナーがPPV『エクストリーム・ルールズ』にて権利を行使へ。代理人ポール・ヘイマンが発表

2019年「ミスター・マネー・イン・ザ・バンク」ことブロック・レスナーの代理人を務めるポール・ヘイマンが登場。PPV『エクストリーム・ルールズ』では、”ザ・ビースト”がWWE王者コフィ・キングストンもしくはWWEユニバーサル王者セス・ローリンズに「コントラクト」の権利ーーマネー・イン・ザ・バンク戦で獲得した王座への挑戦が認められる権利ーーを行使すると発表し、「これは予言ではない。ネタバレである」などと心理戦を展開した。

ザ・ミズ&ジ・ウーソズ、イライアス&ザ・リバイバルとの3本勝負を制す

ザ・ミズ&ジ・ウーソズ(ジミー・ウーソ、ジェイ・ウーソ)対イライアス&ザ・リバイバル(スコット・ドーソン、ダッシュ・ワイルダー)
2試合目は6人タッグチーム戦。同試合は3本勝負で行われた。ザ・ミズがイライアスを追い回す中、ザ・リバイバルのシャッター・マシーンがジミー・ウーソに炸裂。ザ・リバイバルらが1本目を制した。

2本目にはザ・ミズのスカル・クラッシング・フィナーレがスコット・ドーソンに炸裂。これによってザ・ミズらが2本目を制した。3本目にはジ・ウーソズのスーパーキックが次々に炸裂。最後はジェイ・ウーソがドーソンにスプラッシュを決めて勝利を収めた。
勝者: ザ・ミズ&ジ・ウーソズ(2-1)

24/7王者ドレイク・マーベリック、妻との床入りは夢に終わるか

24/7王者ドレイク・マーベリックが逃げ回る一方、その妻であるレネー・ミッシェルはこの状況にうんざり。ドレイクはいかに素晴らしい夫であるかを証明し、妻にとって相応しいハネムーン期間を与えることを約束した。

するとレネーはその時に床入りし、結婚を完全なものにすると発表。これにドレイクは大興奮した。だが、大声を出したことで多くのスーパースターが24/7王者を発見。ドレイクが慌ててその場を立ち去ると、レネーはうんざりした表情を浮かべた。

レイ・ミステリオが復帰を果たすもボビー・ラシュリーに敗北を喫す

レイ・ミステリオ対ボビー・ラシュリー
3試合目はシングル戦。肩を負傷していたレイ・ミステリオが復帰を果たした。両者序盤から激しく激突。ミステリオは619を決めるも、反撃に転じたラシュリーは強烈なスピアーを決めて勝利を収めた。
勝者: ボビー・ラシュリー
ラシュリーは試合後もミステリオを攻撃。ミステリオを両手で抱えあげ、制止に入った関係者めがけて投げつけた。ラシュリーはマイクをつかみ、PPV『エクストリーム・ルールズ』で行われるブラウン・ストローマンとのラストマン・スタンディング戦に向けて勝利宣言。「間違いなく最後に立っているのは俺のほうだ」と、ストローマンへのメッセージを発した。

セザーロがジャイアント・スイング、シャープシューターを繰り出しノーウェイ・ホセを下す

セザーロ対ノーウェイ・ホセ
4試合目にはセザーロとノーウェイ・ホセがシングル戦で激突。試合開始前にはノーウェイ・ホセが場外で相手を激しく攻撃するも、試合はジャイアント・スイングからのシャープシューターを決めたセザーロが勝利を収めた。
勝者: セザーロ

NXTタッグチーム王者ストリート・プロフィッツが2週連続で出演

NXTタッグチーム王者ストリート・プロフィッツ(アンジェロ・ドーキンス、モンテス・フォード)が先週に引き続き出演。陽気な彼らは、PPV『エクストリーム・ルールズ』で行われる試合の数々を紹介した。

ヴァイキング・レイダースが完勝。試合後にはRトゥルースと対峙

ヴァイキング・レイダース対コリン・ジャスティン&デヴリン・ジャスティン
5試合目にはヴァイキング・レイダースがとあるタッグチームと対戦。彼らはパワーボムや強烈なスプラッシュを浴びせるなど、相手をいたぶるように試合を優位に進め、最後は必殺のヴァイキング・エクスペリエンスを決めて勝利を収めた。
勝者: ヴィキング・レイダース
試合終了後には24/7王者ドレイク・マーベリックと彼を追いかける多くのスーパースターが、観客席を通って登場。Rトゥルースはヴァイキング・レイダースと対峙するも、カーメラと共に観客席を通ってその場を立ち去った。

リコシェ、「ザ・クラブ」のルーク・ギャローズを破る

リコシェ対ルーク・ギャローズ(w/AJスタイルズ、カール・アンダーソン)
6試合目にはUS王者リコシェとルーク・ギャローズが対戦。「ザ・クラブ」のAJスタイルズとカール・アンダーソンがリングサイドに陣取った。ギャローズはチョークスラムや強烈なビッグブートを決めるなど試合を優位に展開。仲間の試合ぶりにAJも興奮した様子をみせた。だが、AJの感情は一気に変化。突如としてリコシェがギャローズを丸め込むと、勝利を手にした。
勝者: リコシェ

「ザ・クラブ」がPPV『エクストリーム・ルールズ』を前にまたしても存在感を示す

リコシェ対カール・アンダーソン(w/AJスタイルズ、ルーク・ギャローズ)
7試合目には再びUS王者リコシェが出場。続いては「ザ・クラブ」のカール・アンダーソンと対戦した。試合中にはAJスタイルズがリコシェの注意を引き、仲間に加勢。リコシェにとって不利な状況となるも、彼は場外へのダイブを決めるなど、「ザ・クラブ」のメンバーを排除した。すると流れをつかんだリコシェはトップロープへ。630°スプラッシュを決めて、再び勝利を収めた。
勝者: リコシェ
試合後、AJら「ザ・クラブ」はリコシェを攻撃。AJがフェノメナル・フォアアームを浴びせるなど、PPV『エクストリーム・ルールズ』を前にまたしても存在感を示した。

ベイリー、ニッキー・クロスとのビート・ザ・クロック・チャレンジに臨み4分32秒で勝利

ベイリー対サラ・ローガン|ビート・ザ・クロック・チャレンジ
スマックダウン女子王者ベイリーとニッキー・クロスはビート・ザ・クロック・チャレンジで激突。ベイリーは8試合目にサラ・ローガンと対戦した。サラ・ローガンが試合を優位に進めるも、ベイリーはニーキックを放ち反撃。立て続けにターンバックルへのサンセットフリップボムを決め、試合時間4分32秒で勝利を収めた。
勝者: ベイリー

ニッキー・クロス、ベイリーの試合時間を上回る。PPV『エクストリーム・ルールズ』にてSD女子王座戦に出場へ

ニッキー・クロス対デイナ・ブルック|ビート・ザ・クロック・チャレンジ
9試合目にはニッキー・クロスがデイナ・ブルックと対戦。4分32秒で試合に勝利したベイリーが、リングサイドで試合を観戦した。攻防戦が続く中、ニッキースウィンギング・ネックブリーカーが炸裂。彼女が勝利を手にし、ベイリーの記録を上回った。
勝者: ニッキー・クロス
試合後、ニッキーはPPV『エクストリーム・ルールズ』で行われるスマックダウン女子王座戦に加わることを発表。彼女は友人のアレクサ・ブリスを助けるため、同試合は2対1のハンディキャップ戦になる。ベイリーとニッキーは衝突。ベイリーがベイリー・トゥ・ベリーやダイビング・エルボーを放ち、ニッキーを沈めた。

妊娠中のマリア・ケネリス、夫マイク・ケネリスに買い出しを頼むも…

マイク・ケネリスは第二子を妊娠中の妻マリア・ケネリスに対し、「愛してるんだ」と素直な気持ちを表現。マリアも「愛してるわ」と返すも、「アイスクリームをね」と続けた。さらにマリアは「アイスクリームとピクルスね」と買い出しを遠回しに要求。尻に敷かれるマイクであった。

買い出しを済ませたマイクは妻の元へ。マリアはアイスクリームとピクルスをみるやいなや、夫に「食べれないわ!太る!」と告げた。さらにマリアは「もし私が妊娠していなかったら、妊娠してほしいと思うか」を質問。マイクの答えはYESだったが、マリアは「あんたには二度と”仕込ませ”ない。今回”仕込んだ”のもあんたかどうかは分からないわね」と返した。

覆面をかぶるセドリック・アレクサンダーがローマン・レインズと手を組み、シェイン・マクマホンらと対戦

シェイン・マクマホン&ドリュー・マッキンタイア対ローマン・レインズ&ギャリー・ガーバット
メインイベントではシェイン・マクマホン、ドリュー・マッキンタイア組とローマン・レインズが激突。シェインが5000ドルで雇った用務員ギャリー・ガーバットが、レインズの相棒として覆面をかぶり出場した。

ギャリーはただの用務員ではない様子。場外へのダイブを放つなど、華麗な動きをみせて相手を翻弄した。だが、マッキンタイアがクレイモアを放って反撃。これにより、シェインらが勝利を収めた。
勝者: シェイン・マクマホン&ドリュー・マッキンタイア
試合後、ギャリーの正体が判明。中身はセドリック・アレクサンダーだった。