MLWが団体史上初のPPV『サタデー・ナイト・スーパーファイト』を今秋に開催へ

336
© MLW LLC.

MLW(メジャーリーグ・レスリング)はこのほど、団体史上初のPPVイベントとなる『サタデー・ナイト・スーパーファイト』を、2019年11月2日(現地時間)に米イリノイ州シカゴ郊外にあるシセロ・スタジアムにて開催すると発表した。

MLWの最高経営責任者コート・バウアーが、米スポーツ週刊誌『スポーツ・イラストレイテッド』に語ったところによると、アメリカ、カナダにおける視聴料金は19.95ドルになる。その他の国々に向けた配信に関しては、交渉を進めているという。また、全ての王座戦を対戦カードに加えるようだ。

MLWは現在、計4つの王座を管理。MLW世界ヘビー級王者ジョナサン・ファトゥ、MLW全米無差別級王者アレクサンダー・ハンマーストーン、MLW世界タッグチーム王者ニュー・エラ・ハート・ファウンデーション(テディ・ハート、ブライアン・ピルマン・ジュニア、デイビーボーイ・スミス・ジュニア)、MLW世界ミドル級王者テディ・ハートがそれぞれの頂点に君臨している。

MLWは2002年、元WWEライターでもある先述のバウアーによって設立。資金難に陥ったことで2004年に一度は消滅するも、2017年に再開した。2018年にはウィークリー番組『フュージョン』の放送を開始。そして、2019年には初のPPVイベントを開催する。