エリック・ビショフ、エグゼクティブ・ディレクター就任を受け「最高の時はこれから来る」

438

WWEのスマックダウン・ブランドにおけるエグゼクティブ・ディレクターに就任したエリック・ビショフは米国時間6月29日、自身のツイッターを更新し、現在の心境を綴った。

「恐れ多いと感じるいっぽうで光栄に思う。ここで表現する以上に興奮しているよ。絶大な支持に感謝したい」とコメント。さらに「素晴らしい旅の中で最高の時はこれから来る」と今後の活躍を期待させる言葉で締めた。

WWEは6月27日、エリック・ビショフをエグゼクティブ・ディレクターに任命したと発表。スマックダウン・ブランドを受け持つことになる彼は、テレビ番組に関するクリエイティブを監督し、会長兼最高経営責任者ビンス・マクマホンの直属の部下として、フルタイムでその役割を担う。

なお、同じくエグゼクティブ・ディレクターに就任したポール・ヘイマンは、RAWブランドを担当する。両者が新たな立場に就くことで、WWEがどのように変化していくのか注目が集まる。