ジョン・モクスリー、AEWデビュー戦を勝利で飾るもケニー・オメガが襲撃

1422

AEW(オール・エリート・レスリング)は現地時間6月29日、大規模格闘ゲーム大会「CEO」と協力し、米フロリダ州デイトナ・ビーチにて『ファイター・フェスト』を開催。元WWE所属のディーン・アンブローズとしても知られるジョン・モクスリーが、AEWデビュー戦を勝利で飾った。

AEWにとって2度目となる興行のメインイベントに出場したモクスリーは、ジョーイ・ジャネラと対戦。リングに大量の画鋲を撒いた後、パラダイム・シフト(ダブルアームDDT)を決めて20分の激闘を制した。

有刺鉄線が巻かれたチェアー、有刺鉄線が取り付けられたボードなどを使用した両者は、ハードコアな試合を展開。ジャネラは場外のテーブルに横たわる相手めがけ、リングに設置したラダー上段からダイビング・エルボーを放ち、そのいっぽうでモクスリーは、リングに画鋲を撒き相手を沈めた。

試合後にはケニー・オメガがモクスリーを襲撃。ダブルストンプ、ギターショットを浴びせるなど、旗揚げ興行『ダブル・オア・ナッシング』での借りを返すかのように激しく暴行した。モクスリーを沈めたオメガは右腕を天に掲げ、観客へアピール。だが、モクスリーは倒れながらも不敵な笑みを浮かべた。

モクスリーとオメガは、2019年8月31日(日本時間9月1日)に『All Out』で激突する。