エリック・ビショフとポール・ヘイマンのED就任に伴うWWEの変化は「徐々に」か

487

WWE2大ブランドのエグゼクティブ・ディレクターという新たなポジションに就いたエリック・ビショフとポール・ヘイマンだが、同団体はどのように変化していくのか。

米ニュースサイト『Pro Wrestling Sheet』によると、WWEにすぐさま変化が訪れるわけではないとのこと。WWEは彼ら2人にテレビ番組のクリエイティブを監督する完全な権限を与える前に、「徐々にその役割に溶け込ませていく」ことを計画しているようだ。

WWEは6月27日、ポール・ヘイマンとエリック・ビショフをエグゼクティブ・ディレクターに任命したことを発表。ヘイマンはRAWブランドを担当し、ビショフはスマックダウン・ブランドを受け持つことになる。

また現時点においては、ビンス・マクマホン会長がこれまでと同じく、全ての物事に目を通すとのこと。今回の動きに関する最終的な目標は不明だが、時間が経てば何か見えてくるか。

なお、ヘイマンは次回『RAW』に、ビショフは次回『スマックダウン・ライブ』に出演するとも噂されている。だが本記事執筆時点において、WWEの発表はない。