WWEとAEWがLAXの獲得に興味か

434
© Anthem Wrestling Exhibitions, LLC

インパクト・レスリングに所属するLAX(ラテン・アメリカン・エクスチェンジ)は今後、活動拠点を変えることになるのか。

『レスリング・オブザーバー・ニュースレター』によると、LAXは今夏中にも契約満了を迎えるとのこと。多くの選手との契約を重要視するWWEとタッグチーム部門を重要視するAEWの両団体が、彼らの獲得に興味を示しているようだ。

なお、ここ数ヶ月間にわたってLAXの評判は大きくあがったという。彼らが向かう先は、WWEもしくはAEWとなるのか。それともインパクト・レスリングと契約更改して留まるか。今後の動向に注目が集まる。

LAXは現在、オルティス、サンタナ、コナンの3名で構成。コナンが陣頭指揮をとり、オルティスとサンタナが試合に出場するスタイルで活動を続けている。2017年4月には四つ巴の戦いを制して、インパクト世界タッグチーム王座を初奪取した。

2019年4月にはPPV『リベリオン』を舞台にルチャ・ブラザーズ(ペンタゴン・ジュニア&フェニックス)を破り、4度目の同王座戴冠。来る7月にはPPV『スラミバーサリー XVII』にて、ラスカルズとの王座防衛戦に臨む。