ジンダー・マハル、WWEと新たに5年契約を締結との報道

128

WWEのスマックダウン・ブランドに所属するジンダー・マハルが、WWEと新たに契約を交わしたという。米ニュースサイト『Pro Wrestling Sheet』が米国時間6月25日に報じた。

記事によると、マハルは5年契約を締結。待遇面など詳しいことは不明である。なお、同ニュースサイトは最近、モジョ・ローリー、マリア・ケネリス、マイク・ケネリスも同団体と複数年契約を締結したと伝えていた。

マハルは2年間ほど期間を空けた後、2016年にWWEへ復帰。2017年にはインド系スーパースターとしては初となるWWE王者に輝いた。2019年には新たに創設された24/7王座戦線に絡み、これまでにゴルフ場や飛行場で同王座を獲得した。