【TV結果】インパクト・レスリング IMPACT! 6/21/19|世界王者が遂に復帰

444
© Anthem Wrestling Exhibitions, LLC

インパクト・レスリングは現地時間6月21日、テレビ番組『IMPACT!』を放送。収録は米ニューヨーク州ニューヨークにあるメルローズ・ボールルームにて開催され、インパクト世界王者ブライアン・ケイジやTJPが復帰を果たした。

テッサ・ブランチャード、インタージェンダー戦を制す。強烈なマグナムが炸裂

テッサ・ブランチャード対ジェイク・クリスト
本日1試合目は男女間によるインタージェンダー戦。テッサ・ブランチャードはジェイク・クリストを相手に場外へのダイブ、強烈なエルボー、トルネードDDTを決めるなど激しい攻撃を浴びせていった。いっぽうジェイクもデスバレー・ドライバーを決めるなど応戦。が、最後はマグナムを決めたテッサが勝利を収めた。
勝者: テッサ・ブランチャード

キラー・クロス、サンドマンを水責め。気を取られたエディ・エドワーズが敗北を喫す

マッドマン・フルトン対エディ・エドワーズ(w/サミ・キャラハン)
本日2試合目はシングル戦。マッドマン・フルトンとエディ・エドワーズは試合開始前から激しく衝突した。ジャーマンスープレックスを放つなど試合を優位に進めたと思われたエディだが、ケニー2.0(竹刀)を手にしたところで事態は急変。キラー・クロスの手によって水責めにあうサンドマンの映像が流れると、これに気を取られたエディはマッドマンのダウンワードスパイラルを受けて敗北を喫した。
勝者: エディ・エドワーズ

ムース、トミー・ドリーマーを破る

トミー・ドリーマー対ムース
本日3試合目はシングル戦。両者一歩も引かぬ攻防戦を繰り広げた。終盤に入るとトミー・ドリーマーが凶器となるイスを手にするもこれが裏目に。ムースはトミーの顔面に蹴りを入れると、最後はスピアーを浴びせて勝利を手にした。
勝者: トミー・ドリーマー

ロブ・ヴァン・ダム、ムースの手からトミー・ドリーマーを救う

ムースはトミー・ドリーマーに勝利した後、イスで相手を攻撃。ロブ・ヴァン・ダムを真似るようにトップロープからのヴァン・ダミネーターを狙うも、ここでロブ・ヴァン・ダム本人が現れ、ムースの攻撃を阻止した。

インパクト・ノックアウト王者タヤ・ヴァルキリーがシュー・ヤンと激突

タヤ・ヴァルキリー対シュー・ヤン(w/ジェームズ・ミッチェル、ジェシカ・ハボック)|インパクト・ノックアウト王座戦
本日4試合目は女子王座を懸けた一戦。ノックアウト王者タヤ・ヴァルキリーとシュー・ヤンが激突した。終盤に入ると、ジェシカ・ハボックがタヤ・ヴァルキリーを妨害。反則裁定によって試合は終了となった。
勝者: タヤ・ヴァルキリー(反則裁定)

女子王座戦線は加熱。4人がPPV『スラミバーサリー XVII』を舞台にモンスターズ・ボール戦で激突へ

インパクト・ノックアウト王座戦がジェシカ・ハボックの介入によって試合終了となった後、ローズマリーが登場。ジェームズ・ミッチェルはタヤ・ヴァルキリー、ハボック、シュー・ヤン、ローズマリーの4人をPPV『スラミバーサリー XVII』で行われるモンスターズ・ボール戦に招待すると発表した。

TJPが復帰。エース・オースチンを破る

エース・オースチン対TJP
エース・オースチンはオープン・チャレンジを開催。挑戦者としてTJPが登場した。両者が一歩も引かぬ攻防戦を繰り広げる中、TJPがトップロープからのクロスボディを決めると勝負を決めに。最後はデトネーション・キックを浴びせて復帰戦を見事勝利で飾った。
勝者: TJP

メインイベントを飾る三つ巴戦

ジョニー・インパクト対マイケル・エルガン対リッチ・スワン
本日のメインイベントは三つ巴戦。Xディビジョン王者リッチ・スワンを含めた3人が激突した。熱戦が繰り広げられる中、ジョニー・インパクトによるスパニッシュ・フライがマイケル・エルガンに炸裂。が、その直後にリッチ・スワンがトップロープからの450°スプラッシュをインパクトに決めて勝利をもぎ取った。
勝者: リッチ・スワン

インパクト世界王者ブライアン・ケイジが遂に復帰

メインイベント終了後にはインパクト世界王者ブライアン・ケイジが久々に登場。世界王座を狙うマイケル・エルガンやジョニー・インパクトを攻撃し、存在感を示した。