【TV結果】WWE NXT 6/19/19|”誰もが認める”時代の幕開けに3人の猛者が現る

515

WWEは米国時間6月19日、WWEネットワークで『NXT』新エピソードを配信。収録は米フロリダ州ウインター・パークにあるフルセイル大学にて行われた。

ジ・アンディスピューテッド・エラの前に3人の猛者が現る

ジ・アンディスピューテッド・エラの4人が登場。NXT王者アダム・コールは「NXTのイメージを作り変える」「2019年は俺たちが全ての王座を手にする」「誰も俺らを止められない。ロッカールームの奴らやウィリアム・リーガルだけでなく、トリプルHでさえもな」などと宣言した。

するとNXT北米王者ベルベティーン・ドリームが登場。「アダム、誰も君に触れられないって?俺は君に触れたいけどね」と話し始め、NXT王座も狙う姿勢をみせた。さらにはマット・リドル、タイラー・ブリーズも次々と登場。メインイベントではジ・アンディスピューテッド・エラ対ドリーム&リドル&ブリーズ戦が行われることが決定した。

ダミアン・プリースト(元パニッシュメント・マルチィネス)、ラウル・メンドーザを下す

ダミアン・プリースト対ラウル・メンドーザ
本日1試合目にはパニッシュメント・マルティネスの名でも知られるダミアン・プリーストが出場。ラウル・メンドーザが素早い動きで相手を翻弄していくも、ダミアンは怒りをつのらせていった。反撃に転じたダミアンは、強烈なスピニングキックを決めると最後の仕上げに。ツイスティング・カッターを決めて勝利を収めた。
勝者: ダミアン・プリースト

NXTブランド、勝ち抜きシングルトーナメント『NXTブレイクアウト・トーナメント』を開催へ

NXTブランドのGMを務めるウィリアム・リーガルは、次週より8名の出場者による勝ち抜きシングルトーナメント『NXTブレイクアウト・トーナメント』を開催すると発表。出場者はエンジェル・ガルサ(元ガルサ・ジュニア)、ホワキン・ワイルド(元DJZ)、キャメロン・グライムス(トレバー・リー)、アイザイヤ”スワーブ”スコット(元シェイン・ストリックランド)、ボア、ジョーダン・マイルス(元ACH)、ブロンソン・リード(元ジョナ・ロック)、デクスター・ルミス(元サム・ショー)となり、優勝者には王座挑戦権が与えられる。

ザイア・リー、タイナラ・コンティに勝利。強烈な回し蹴りを決める

ザイア・リー対タイナラ・コンティ
本日2試合目は女子によるシングル戦。両者握手を交わして試合を開始した。ザイア・リーは華麗な足技で相手を翻弄するも、タイナラ・コンティも強烈な蹴りを決めるなど応戦。しかし最後は強烈な回し蹴りを決めたザイアが勝利を収めた。
勝者: ザイア・リー

ジ・アンディスピューテッド・エラ、3人の猛者を下す

ジ・アンディスピューテッド・エラ(アダム・コール、ロデリック・ストロング、ボビー・フィッシュ w/カイル・オライリー)対マット・リドル&ベルベティーン・ドリーム対タイラー・ブリーズ
本日のメインイベントを飾るのは番組冒頭に決定した6人によるタッグチーム戦。両軍一歩も引かぬ激しい攻防戦を繰り広げた。終盤に入ると、タイラー・ブリーズが相手を一蹴。しかし、最後は相手の連携の乱れを突いたロデリック・ストロングが、ベルベティーン・ドリームにエンド・オブ・ハートエイクを決めて勝利を収めた。
勝者: ジ・アンディスピューテッド・エラ