AEWが贈る2019年『All Out』現地観戦チケットが15分で完売

314

AEW(オール・エリート・レスリング)は米国時間6月14日、PPV『All Out』の現地観戦チケットが15分で完売したと発表した。

AEWの公式ツイッターはチケットが早くも完売したことを報告し、「ありがとう」とファンへの感謝をつづった。チケット(VIPチケットを除く)は30ドル~190ドルの価格帯で売り出されたが、現在は2次流通に流れ価格が高騰している。

また、コーディ・ローデスは自身のツイッターを更新し、「15分。本当にありがとう」と述べた。マット・ジャクソンは「君らは最高だよ」とツイートし、ニック・ジャクソンも「言葉では言い表せない」とそれぞれがファンへの感謝をつづった。

『All Out』は8月31日(日本時間9月1日)、米イリノイ州シカゴ郊外にあるシアーズ・センター・アリーナにて開催。初代AEW世界王者を決する”ハングマン”アダム・ペイジ対クリス・ジェリコ戦、ジョン・モクスリー対ケニー・オメガ戦などが行われる。

なお、現在のAEWメンバーが多く出場したPPV『All In』(2018年9月開催)も同会場で開催された。その時は1万枚強のチケットがおよそ30分で完売した。