【TV結果】WWE スマックダウン・ライブ 6/11/19|ニュー・デイが完全復活

264

WWEは現地時間6月11日、米カリフォルニア州サクラメントにあるゴールデン1センターにて『スマックダウン・ライブ』を開催。ニュー・デイのメンバーであるビッグ・Eが試合復帰を果たした

『ミズTV』はシェイン・マクマホン、ドリュー・マッキンタイア、アライアスと共に白熱

ザ・ミズは自身がホストを務めるトークショー「ミズTV」を開催。ゲストとしてシェイン・マクマホン、ドリュー・マッキンタイア、アライアスが登場した。なお、ザ・ミズは元相棒シェインを「世界最高」ではなく「天下の害虫」と紹介した。彼はシェインらと舌戦を展開。ザ・ミズはアライアス、ドリュー・マッキンタイアと続けて試合を行い、もしも彼がそれらの試合に勝利すれば、最後はシェインと対戦することが決定した。

ザ・ミズ、まずはイライアスを下す

ザ・ミズ対アライアス(w/シェイン・マクマホン、ドリュー・マッキンタイア)
本日1試合目は番組冒頭に決定したシングル戦。シェイン・マクマホンらがリングサイドに陣取った。終盤に入ると、アライアスがトップロープからのダイビング・エルボーを放つも、ザ・ミズはこれを回避。ザ・ミズは好機を逃さず、スカルクラッシング・フィナーレを決めて勝利を手にした。
勝者: ザ・ミズ

ザ・ミズ、不利を受けドリュー・マッキンタイアに敗北を喫す

ザ・ミズ対ドリュー・マッキンタイア(w/シェイン・マクマホン)
本日2試合目にも続けてザ・ミズが出場。ザ・ミズは猛攻撃を仕掛け、DDTを決めるなど流れをつかんだ。彼は勝負を決めるべくスカルクラッシング・フィナーレを狙うも、シェイン・マクマホンが介入。不利を受けたザ・ミズは、ドリュー・マッキンタイアのクレイモアを喰らい敗北を喫した。
勝者: ドリュー・マッキンタイア

シェイン・マクマホン、手負いのザ・ミズに三角締めを決めて勝利

ザ・ミズ対シェイン・マクマホン
2試合目が終了した直後、シェイン・マクマホンはザ・ミズとの試合を開始。ドリュー・マッキンタイアのクレイモアを受けた直後のザ・ミズは、なんとか気力を振り絞るも、シェインの三角締めを受けてタップアウト負けを喫した。
勝者: シェイン・マクマホン

スマックダウン・タッグチーム王座を狙うヘビー・マシーナリー、ヨロ郡タッグチーム王者に勝利

ヘビー・マシーナリー対AJキルシュ&デイブ・ドゥトラ
スマックダウン・タッグチーム王座を狙うヘビー・マシーナリーは、ヨロ郡(カリフォルニア州)タッグチーム王者と称される2人と対戦。SDタッグチーム王者ダニエル・ブライアン&エリック・ローワンが試合の行方を見守る中、ヘビー・マシーナリーが相手を圧倒し、最後はコンパクターを決めて勝利を収めた。
勝者: ヘビー・マシーナリー

カーメラ、マンディ・ローズの介入を受けソンヤ・デヴィルに敗北を喫す

カーメラ対ソンヤ・デヴィル(w/マンディ・ローズ)
本日5試合目は女子によるシングル戦。ソンヤ・デヴィルは強烈なニーキックを決めるなど、相手を罵倒しながら攻撃を加えた。カーメラは場外へのダイブを決めるなど反撃に転じるも、マンディ・ローズが介入。不利を受けたカーメラは、ソンヤのジャンピング・ニーを喰らい敗北を喫した。
勝者: ソンヤ・デヴィル

SD女子王者ベイリー、トップロープからのダイビング・エルボーを決めてニッキー・クロスを下す

ベイリー対ニッキー・クロス(w/アレクサ・ブリス)
本日6試合目は女子によるシングル戦。凶暴なニッキー・クロスはスマックダウン女子王者ベイリーに猛攻撃を仕掛けた。しかし、ベイリーもローリングサンダー・スプラッシュやバックドロップを決めるなど反撃。流れをつかんだベイリーは、トップロープからのダイビング・エルボーを決めて勝利を手にした。
勝者: ベイリー

ニュー・デイ、ビッグ・Eの復帰戦を勝利で飾る

ニュー・デイ(コフィ・キングストン&ビッグ・E&エグゼビア・ウッズ)対ドルフ・ジグラー&サミ・ゼイン&ケビン・オーエンス
本日のメインイベントは6人タッグチーム戦。負傷欠場していたビッグ・Eが試合復帰を果たした。終盤にはビッグ・Eが何度もスープレックスを放つなど猛攻撃。相手も反撃に転じるが、ドルフ・ジグラーはサミ・ゼインにスーパーキックを誤爆。最後はコフィ・キングストンがジグラーとサミにトラブル・イン・パラダイスを次々に決めて勝利を収めた。
勝者: ニュー・デイ