【PPV結果】WWE スーパー・ショーダウン 2019(KICKOFF)|幕開けまで秒読み段階

191

WWEは現地時間6月7日、サウジアラビア・ジッダにあるキング・アブドゥッラー・スポーツシティにてPPV『スーパー・ショーダウン』(2019)を開催。本編開始前に「キックオフ・ショー」が配信された。

サウジから遠く離れた米コネチカット州スタンフォードにあるテレビスタジオでは、デビッド・オタンガ、チャーリー・カルーゾ、WWE殿堂者ベス・フェニックスの3人が『スーパー・ショーダウン』の行方を予想。会場ではジ・ウーソズ対ザ・リバイバルの一戦が行われ、マイケル・コールが実況、コリー・グレイブスとルネ・ヤングが解説を務めた。

ジ・ウーソズ、本編開始前にザ・リバイバルを下す

ジ・ウーソズ(ジミー・ウーソ&ジェイ・ウーソ)対ザ・リバイバル(スコット・ドーソン&ダッシュ・ワイルダー)
本編開始を前にRAWブランドに所属するタッグチームが激突。観客は「ウーソ!ウーソ!」「レッツゴー、ウーソ!レッツゴー、ウーソ」と声を張りあげた。攻防戦が続く中、ジ・ウーソズがスコット・ドーソンとダッシュ・ワイルダーにダブル・スーパーキックを立て続けに放つと1、2、3。ジ・ウーソズが勝利を手にした。
勝者: ジ・ウーソズ

(本編1~5試合目の結果は別記事にて掲載中。6試合目~メインイベントまでの結果は別記事にて掲載中)