ブロック・レスナーが「権利行使」をサウジ公演『スーパー・ショーダウン』に持ち越す

187

マネー・イン・ザ・バンク戦で獲得した「コントラクト」(王座挑戦権)を保持するブロック・レスナーが現地時間6月3日、テレビ番組『RAW』に出演。代理人を務めるポール・ヘイマンが代わりに宣言していた、WWEユニバーサル王者セス・ローリンズへの「権利行使」は、サウジアラビア公演『スーパー・ショーダウン』に持ち越しとなった。

レスナーは番組中に会場に到着。セスが彼を呼び出すも、まず現れたのは『スーパー・ショーダウン』での対戦相手となるバロン・コービンだった。コービンがセスにエンド・オブ・デイズを放った直後、レスナーが登場。セスにローブロー、イス攻撃、F5などを浴びせて追い打ちをかけた。

絶好のチャンスとみたヘイマンは、レスナーに対して権利行使を強く促すも、彼は「金曜日(日本時間土曜日=サウジ公演『スーパー・ショーダウン』の開催曜日)だ」と反抗。王者を痛めつけるだけ痛めつけ、その場を去っていった。

激しい攻撃を受けたセスは、担架で運ばれそのまま救急車に。交際相手であるRAW女子王者ベッキー・リンチに付き添われ、地元の医療機関に搬送された。

『スーパー・ショーダウン』は日本時間6月8日(土)午前3時よりWWEネットワークでライブ配信。痛手を負った状態のセスにコービンとレスナーの脅威が迫る。