ジョン・モクスリー、AEWと複数年契約を締結。フルタイムで活動へ

1302

AEWの代表を務めるトニー・カーンは現地時間5月25日、旗揚げ興行『ダブル・オア・ナッシング』終了後に海外メディアの取材に応じ、ディーン・アンブローズの名で知られるジョン・モクスリーと複数年契約を締結したと発表した。

カーンによると、モクスリーは年内の放送開始が決定しているテレビ番組にレギュラー出演する予定。また、一部の所属レスラーと同じく、特にスケジュールが空く期間は他団体への参戦も可能だが、原則的にはAEWに所属しているという。カーンはモクスリーに関して「間違いなくフルタイムで活動するAEWのレスラーだ」と明言した。

カーンがスポーツ誌『スポーツ・イラストレイテッド』のジャスティン・バラッソに語ったところによると、モクスリーはAEWが主催する『Fyter Fest』にてデビュー戦を行う予定。同興行は現地時間6月29日、米フロリダ州デイトナビーチにあるオーシャン・センターにて開催されるが、対戦相手は明らかとなっていない。

モクスリーは『ダブル・オア・ナッシング』のメインイベント終了後に観客席を通って登場。クリス・ジェリコやケニー・オメガにダーティ・ディーズを放つなど大暴れした。彼は今年の4月にWWEを退団。今後の動きに注目が集まっていた。