アダム・ペイジ、カジノ・ロワイヤルを制してAEW世界王座挑戦権をつかむ

335

AEW(オール・エリート・レスリング)は現地時間5月25日、米ネバタ州ラスベガスにあるMGMグランド・ガーデン・アリーナにて旗揚げ興行となるPPV『ダブル・オア・ナッシング』を開催。カジノ・ロワイヤルを制した”ハングマン”アダム・ペイジが、AEW世界王座挑戦権を手にした。

プレショー「ザ・バイイン」で行われたこの時間差バトルロイヤルにはアダム・ペイジを含めて、MJF、中澤マイケル、ショーン・スピアーズ(タイ・デリンジャー)、ビリー・ガン、ジミー・ハボック、トミー・ドリーマーなど計21名が出場。21番手に登場したアダム・ペイジは、最後まで残ったMJFを場外へ転落させ、勝利をつかんだ。

同日にはクリス・ジェリコがケニー・オメガに勝利。この結果によって、初代AEW世界王者の座を懸けたアダム・ペイジ対クリス・ジェリコ戦が後日行われることとなる。王者に輝くのは果たしてどちらか。

なおペイジはもともと、同興行でPAC(ネヴィル)との対戦を予定していたが、開催前に中止が発表されていた。