ケビン・オーエンス、サウジ公演『スーパー・ショーダウン』への出場拒否との報道

153

WWEが主催するサウジ公演への出場を拒否するスーパースターが、またひとり増えたのか。

ニュースサイト『Fightful』によると、ケビン・オーエンスはWWE側に対して、サウジ公演『スーパー・ショーダウン』に出場したくないと告げたとのこと。具体的な理由に関しては不明だが、同サイトは彼の友人であるサミ・ゼインの件に触れている。

サミは2018年4月に開催されたサウジ公演『グレイテスト・ロイヤルランブル』を欠場。サウジとシリアは緊張状態の関係にあるため、シリア系であるサミは出場できなかったと言われている。なお、サミは同年11月に開催されたサウジ公演『クラウンジュエル』も欠場したが、負傷により戦線離脱していた。

過去にはダニエル・ブライアン、ジョン・シナもサウジ公演出場を拒否したと報じられた。彼らは『クラウン・ジュエル』への出場を予定していたが、WWEはストーリーラインを直前に変更し、2人とも同公演を欠場した。

WWEはサウジのスポーツ庁と10年間のパートナーシップ契約を締結し、2018年4月にサウジ公演第一弾として『グレイテスト・ロイヤルランブル』を開催。同年11月にはサウジ記者殺害事件(トルコのサウジ総領事館で発生)をめぐって物議を醸した『クラウン・ジュエル』を予定通り開催した。

第三弾として開催される『スーパー・ショーダウン』の模様は、日本時間6月8日(土)午前3時よりWWEネットワークでライブ配信される。