【PPV結果】WWE マネー・イン・ザ・バンク 2019(KICKOFF)|本編開催へ秒読み

182

WWEは現地時間5月19日、米コネチカット州ハートフォードにあるXLセンターにてPPV『マネー・イン・ザ・バンク』(2019)を開催し、本編開始を前に「キックオフショー」では1試合が行われた。

(本記事は「キックオフショー」の結果を掲載。PPV本編1~5試合目の結果は別記事にて、本編6試合目~メインイベントの結果は別記事にて掲載中)

ジ・ウーソズ、現スマックダウン・タッグチーム王者を破る

ダニエル・ブライアン対ローワン対ジ・ウーソズ(ジミー・ウーソ&ジェイ・ウーソ)|ノンタイトル戦
本編開始直前には、RAWブランドとスマックダウン・ブランドが交わるタッグチーム戦が開催。持ち前のパワーをいかんなく発揮したローワンが相手2人にスープレックスを、ダニエル・ブライアンがジェイ・ウーソにYESロックを決めるなど、現SDタッグチーム王者が展開を優位に進めていった。しかしジ・ウーソズの2人は場外のローワンめがけてダブル・ダイブを、ダニエルにダブル・スーパーキックを決めるなど応戦。流れを掴んだジ・ウーソズは、ダニエルにトップロープからのダブル・スプラッシュを決めて勝利を手にした。
勝者: ジ・ウーソズ