WWE殿堂者リック・フレアーの妻が声明を発表。「彼は全快すると予想している」

391

WWE殿堂者リック・フレアーの妻ウェンディー・バーロウが米国時間16日、病院へ緊急搬送され、事態は非常に深刻と報じられた夫に関する声明を、米メディア『TMZスポーツ』を通じて発表した。

「リックは進行する合併症が原因で病院へ運ばれ、明日の朝に手術を受ける見込み。その後、彼は全快すると予想している」

なお、リック・フレアーの義理の息子コンラッド・トンプソンはこの声明が発表される前、「家族にとっては直前に起きた驚くべき事というわけでない」「(TMZで報じられたほど)重大かつ深刻な状態ではない」などと、海外メディアとの電話会議の場で明かしている。

フレアーは2017年8月にも入院。激しい腹痛に襲われた彼は、病院へ向かい手術を受けるも、複数の臓器に問題を抱え、一時は重体となった。その後、彼は回復に向かい、2018年9月にはウェンディーと結婚した。

米ニュースサイト『レスリング・インク』によると、2019年3月には再び手術を受けたが、詳しいことは明らかとなっていない。同年4月には『レッスルマニア 35』に出演し、トリプルHの勝利に貢献。5月23日から26日の4日間は、大勢のレスラーやレジェンドらが集うイベント「スターキャスト Ⅱ」への参加を予定している。