WWE、2019年『マネー・イン・ザ・バンク』本編開始前にSDタッグチーム王座戦を開催へ

80

WWEは日本時間5月15日、開催迫るPPV『マネー・イン・ザ・バンク』の本編開始前に配信される「キックオフ・ショー」で、スマックダウン・タッグチーム王座を懸けた王者ダニエル・ブライアン&ローワン対ジ・ウーソズ戦を行なうと発表した。

『マネー・イン・ザ・バンク』本編では、王座挑戦権を懸けた男子マネー・イン・ザ・バンク・ラダー戦と女子マネー・イン・ザ・バンク戦が行われる予定。また、”二冠女子王者”ベッキー・リンチはRAW女子王座を懸けてレイシー・エバンスと、SD女子王座を懸けてシャーロット・フレアーとの対戦に臨む。

さらにはWWEユニバーサル王座を懸けた王者セス・ローリンズ対AJスタイルズ戦、金網の中を舞台するザ・ミズ対シェイン・マクマホン戦、WWE王座を懸けた王者コフィ・キングストン対ケビン・オーエンス戦も行われる予定。その他にはUS王座戦、WWEクルーザー級王座戦、ローマン・レインズとアライアスのシングル戦も対戦カードに組み込まれている。

『マネー・イン・ザ・バンク』は日本時間5月20日、米コネチカット州ハートフォードにあるXLセンターにて開催。「キックオフ・ショー」はさまざまなプラットフォーム(WWE.com, the WWE App, YouTube, Facebook, Twitter and Twitch)で、PPV本編はWWEネットワークで生配信される。