サーシャ・バンクス、活動再開はまだか。女子MITB戦における彼女の代役となった人物とは…

803

「ザ・ボス」とWWEの関係は未だ膠着状態か。

『レスリング・オブザーバー・ニュースレター』によると、デイナ・ブルックはサーシャ・バンクスの代役として、PPV『マネー・イン・ザ・バンク』(2019)で行われる「女子マネー・イン・ザ・バンク・ラダーマッチ」に出場するとのこと。サーシャはもともと同試合に出場する予定だったが、彼女は復帰に同意しなかったようだ。

別記事にてお伝えしたように、WWE女子タッグチーム王座陥落に不満を持ったサーシャは、2019年レッスルマニア・ウィークエンドにかけて、WWEを退団することを試みたと報じられている。WWE側はこれを急ぎすぎた決断だとして、彼女に考え直す時間を数週間ほど与えたようだが、一ヶ月近く経った今も観客の前に姿を見せていない。

また別記事にてお伝えしたように、「王座陥落」だけでなく「ボス・アンド・ハグ・コネクションの解散を告げられたこと」が不満の原因であるとも言われている。祭典後に行われたブランド間の選手入れ替え「スーパースター・シェイクアップ」では、相棒のベイリーがRAWブランドからスマックダウン・ブランドへ移籍した。